’17 4/1,2 チャンピオンズリーグ宮城

・1日目

使用デッキが決定したものの、触り始めたのが遅かったのもあり前日にも関わらず寝たのは遅めに。そのため会場へは予定より少し遅めに到着、、、
大阪に引き続き、早起きしなくても何とかなる事前応募制のメリットに甘えだした感が。笑
個人的には早起きでいいから確定で出たいのが本音なんですけどね...

会場に着いてからは簡単に挨拶回りをし、当日のチームメンバー2人と合流。
自分含めチームの内誰かがやらかすなんて言うトラブルも無く、スムーズに対戦卓に着くことが出来ました。
使用デッキとしては、自分が白レックで後の2人がオーロットを使いました。

・Day1 Bグループ

使用;MレックウザEX・シェイミEX・マギアナEX

1戦目 ✕ (✕-✕-〇) ルガルガンGX(夜)

後攻スタート。
バトル場がいきなりウソッキースタートで絶望orz
こちらはシェイミ単スタートでサポがNのみに対し、相手は事故でウソッキーにエネをつけてくる。
展開カードを引ければMレックウザEXを立ててウソッキーを処理でいけそうかなと思い待ってみるも引けず仕方なくNでお互い回り出す。
ウソッキーをベンチに下げられ、ルガルガンGXで攻められる一方でウソッキーをフラダリで処理するorバンデットリング+オカルトマニアからベンチを並べる動きが出来ず、MレックウザEXが拘りハチマキストロングエネルガルガンGXのデスローグGXでOHKOされてしまう。
その後もウソッキーの存在から展開を上手くできず、Nを差し込むも難なく解決されて負け。
ルガルガンは全く練習出来てなかったのもあるけど、ウソッキー処理出来ないのに相まって展開が弱く厳しかった...
チームの他のメンバーは1勝1敗で負け。

0-1

初戦を落としてしまい凹む...
気を取り直し2戦目へ。
この時点だったかな?近くの席にいたナカノファミリーに去年の秋ぶりに再会。娘さんが気付いて声を掛けてくれたのがうれしかった。対戦後の空き時間にも雑談にお付き合い頂き、有難うございました。

2戦目 ✕(✕-〇-✕) オーロットBREAK・カプ・テテフGX

後攻スタート。
ボクレースタートで先1ミツルオーロット...
マギアナEXスタートでNから展開、ハンマーが裏でエネは引けたのでソウルブラスター120でオーロット倒し先制。
返しにエネをしたっぱで割られる、まあ想定内...
マギアナ逃げてMレックを前にしてオカルトマニアからメガターボとエネを手張りで終了。
ここからは次元の谷をスカイフィールドで割りつつフラダリでテテフを前にして展開しエメラルドブレイクでサイドを引くも返しでエネを割られた所から展開をかけても残りのエネとサポートを引けずテンポロスしてしまい、その間にサイレントフィアーでマギアナとシェイミを倒し押し切られ負け。

序盤何度も相手の待ってに付き合ってあげた挙句サイレントフィアーのダメカン相手のプレイ中に準備して率先して乗せてあげたのに後半時間ないからと急かされたのはちょっとガッカリ...
あとはルールミスでマギアナのダメカンを間違えて1個多く乗せてしまいこわいおねえさんで場から消して時間切れ引き分けに持ち込む流れを自ら消してしまった事を終わってからメンバー2人に指摘されてしまいショックでした...

チームとしては1-2で負けで、自分だけが2連敗して罪悪感ばかりでこの辺りからテンションが死んでました。
当日のボーダーは5-2あたりと読んでいたので2戦目にしてもう後が無くなる。

0-2

3戦目 ✕(Bye-✕-✕) Bye

宮城大会初めての勝利は不戦勝でした。
相手チームが2人で自分の相手だけがいなかったのです。
チームのうちどちらか1人が勝てばいいので、隣の試合を見ながら必死に祈るのですが...
2人揃って事故った挙句、相手がブラッキーゾロアークとラランテスラフレシアという最悪のマッチアップ...
どうして...
スープさんはテテフスタートで事故り手札にオーロットの進化ラインばかり溜まっていくだけのドローゴーの繰り返し、からなべさんはボクレーを全く置けない間にラランテスとラフレシアを完成させられてしまい観戦している側からしても絶望しかなく...
やってる側はもっと絶望してたと思うけど、自分のこれまでの負けも含め、当日の不調ぶりを思い知らされました。
どちらか1人が勝てばいいのにこれって...

0-3

いつ以来か忘れたけど、0-3は真剣に凹みメンタルがボロボロでした...
会場にいても誰に何を話せばいいのかさえ分からず、予選通過は無理でも個人的には最低1勝、7マッチあるので4-3でせめて勝ちこそうと思っていたのですが、他のメンバー2人はこの成績だと無理なのが分かりきっていて諦めモード。当然といえば当然なんですが...
4戦目に欠席しての自動ドロップという事で知らない間に決まり切っていたそうで、取り敢えず4戦目の卓につくも2人とも来ず。
2人ともサイドイベントに行っていて、自分が卓についていた事に気付いたからなべさんだけが来てくれて4戦目は2人での対戦に。
対戦卓ですが、0-3ということもありかなり下の位置まで来ていました。


4戦目 〇 (〇-〇) ケンタロスGX・ゾロアーク・ダストダス

後攻スタート
シェイミとレックウザEXだけで事故った挙句サイレントラボを貼られてどうしようもないんですが...
ケンタロスにシェイミ1体取られてギリギリの所で事故が解決してトラッシュのグッズ枚数を調整しつつエメラルドブレイクでケンタロスGXを倒すところから。
ダストが攻めてくるも一撃で倒されずセーフ。
ダストダスを処理しながらNを連打するも、2回とも解決されてしまい最後エネとフラダリorフィールドブロアー+こだわりハチマキを引かれると負けの場面でプラターヌからフィールドブロアーだけ引かれず1手差勝ち。
隣のからなべさんも勝利していて何とかやっと1勝...

1-3

サイドイベントからスープさんを回収して、もう1戦落とせばチームとしてドロップする事にして5戦目へ。
流石に5戦目ということもあり、ドロップ続出で勝ったのにほぼ最下位卓に。
この位置にいる事が本当に情けなく悔しかった…

5戦目 △(〇-△-✕) カプ・ブルルGX・ラランテスGX

先攻スタート
やっとそこそこの回りからスタートするも、手札のサポで使えるのがこわいおねえさんだけで仕方なくオカルトマニアを使う感覚で撃ってみる
全然刺さらないwww
それどころかスカイフィールド1枚無駄しちゃったし...ここは完全に実戦不足でした。
衝動プレイにも程があっただろうと反省...
返しに展開されてカプ・ブルルGXが前に出てきてエーテルパラダイス保護区を出されるもエメラルドブレイク一撃。
次のブルルも処理するも後続のMレックを用意できず、返しのNがぶっ刺さりでサイドを4枚取られて下手したら返しで負けという状況に...
最後に運良くレスキュータンカを引けたので、カイリュー回収して一気に展開してパーツ揃いギリギリ間に合いました。
リソースは残ってる筈なのに全然引けなくて本当焦った...

個人では勝ちましたがスープさん負け、からなべさんが時間切れ引き分けでチームとしては引き分け。

隣のメンバーの対戦を見ていても、自分の対戦を振り返っても何かもう当日はダメ過ぎてここで潔くドロップ。

結果1-3-1ドロップという惨敗以外の何ものでもない結果に。


チームは自然解散し、それぞれ別行動に。
色々思う所はあったけどとにかく落ち込んだ...
これ以上他のメンバーの事をどうこう言っても失礼だしどうしようもないので控えるけど...

自分としては最下位卓で1手差の対戦をしてる時点でもう無理だった。
序盤自分が勝っていれば良かっただけだし言い訳にしか聞こえないかもしれないけど、
色々と迷走ぶりがモロに出てた挙句堕ちていくのを止めることが出来なかった。

ドロップ後はサイドイベントに出る気力も起きず、予選の様子を眺めながら同じく関西からの遠征でいつも会う度にお世話になっているアキユキくんのお母さんに色々とお話を聞いて頂くことに。
当日の事や自分が出ていない店舗大会の様子など、色々とお話しできて塞ぎ込んでいた気持ちが少し楽になった気がしました。
ここに書いてもしょうがないのですが本当に感謝です。

1日目の予選が終わってからは、いつも仲良くして貰っている福岡勢3人と牛タンを食べました。
5年前のバトルカーニバル2012以来に食べたけど本当に美味しくて楽しい時間でした。

宿泊先に戻ってからは、翌日の本戦に出れないのもあり荷物整理等をしていました。
そのおかげか?今回の遠征では忘れ物が無くて良かったかなと...

・2日目

本戦に上げれずいつも通り?観戦メインでの参加に...
この日は1日目より更にゆっくり到着。とは言っても開場前には列に並んでましたがまあ人少なかったこと笑

本戦は12時30からだったので、それまでの時間はこだわりハチマキを取ろうということでharuくんと本気を出すバトルに参加。
2人ともゲームが出来なかったので、取り敢えずソフトだけ用意してカード役とゲーム役(負け確)を毎回交代して出ることに。
DSとソフトは自分のものを使い、デッキはharuくんのを借りました。
結果ですが、ゲームはお察しとして、カードは使い手が悪かった上クライマックス進出レベルのプレイヤーを踏みまくり1勝3敗orz
端的に言ってしまえばデッキが強かったのに自分のプレイが下手でした。はい...
一方でharuくんは全勝してました。隣でプレイ見たの久々だったけど謙遜抜きに上手過ぎてやばかった...
結果としては何とかハチマキと持ってなかったマケンカニのプロモを1枚ずつ入手出来て良かったです。
お互い本戦に残れなかったのは残念だったけど、当日は一緒に組めて楽しかった。いつもではあるけれど彼にはホント感謝しかないです。。。

キリよくサイドイベントを切り上げて、本戦の観戦。
簡単ではあるけれど、今回は見てて楽しかったかなぁと。
チムアチャ1、2フィニッシュは素直に凄すぎて流石としか言いようがなかったです。
そういった意味でも当日は濃い内容だったので、youtubeを観ながら自宅待機するよりは宮城に行った事は良かったです。

終わってからは新幹線で帰ろうと会場を出るものの、歩く方向を間違えたり、夕食の調達がギリギリ間に合わずで乗り換え含めて終電帰りになり帰宅したのが0時過ぎ...
そこからは振り返る間もなく日が過ぎていき何とか少しずつ身の回りの事を終わらせ今に至ります。

宮城への旅費は全部で4万オーバーした挙句ボロ負けして悲壮感が凄かったし、何とかチームを組めて抽選に通り参加出来た事だけでも有り難く思うべきなのかなぁと感じる時もあります。




メタ読みについての反省点は、エーフィダストに固執し過ぎた事と、エーフィダストではなく正しくはダストダス派生を意識すべきでした。


スポンサーサイト

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

~'17 4/1 チャンピオンズリーグ宮城までの経緯

レポを書き始めるのがかなり遅くなりました。
先々週は当日新幹線+終電帰りに相まって休日出勤だったり、先週は1日練習会+買い物+大会当日のアーカイブ観賞なんかをしているとあっという間に終わってレポを書く時間を取れませんでした。
週末には新弾も出るし、まだ残りの会場の交通手段等を確保出来ていないので取り敢えず書ける内に書いておきます。


正直な所自身の結果は奮わず、あまりいい思い出にはならなかったので複雑な思いはあるのですが、、、
当日に至るまでの経緯から当日まで覚えている限りで書いていこうと思います。
(もう殆ど覚えてない気もします。。。)

・当日まで

宮城大会の詳細が発表された時、3人チームという事で、どうしようかなと悩みました。
何とかなるという慢心がありながらも、自分自身大した実績も実力も無く関西という土地的に一緒に組める相手を探しづらかったのです。
これまで本格的にポケカを数年やってきて知り合いは出来たり出来なかったりですが、そもそも連絡先を知らない人が多く誰に声を掛けたらいいかさえ分からない...
組む相手を探すという意味では、Twitterをやっていない事も痛かったです。
個人的に一番好意的なお付き合いが出来ていると思っていたのが福岡のプレイヤーだったので声を掛けてはみたものの一緒に組もうとの返事は得られず...
まあ都合が合わないのは仕方ないかなと思ってはみたものの、諦めモードな自分に対して色々な形で助言をくれました。
宮城大会に出れたきっかけの1つとしてはその事が大きかったかもしれません。

取り敢えず連絡先を知っているプレイヤー(LINEですが)にダメ元でいいから出来る限り声を掛けてみました。
登録している人は殆どが他のチームに属しておりかつ関西外のプレイヤーで、予想通りの返事ばかりが返ってきてただただ不安に...
そんな中で何とか大学時代に特にお世話になっていた青学のSPSサークルのスープさんと一緒に組むことになり、残りの1名を探して貰った結果同サークルのメンバーであるからなべさんと組む事になりました。
スープさんには取り敢えずLINEを聞いておくぐらいのノリだったので、ここで登録しておいて本当に良かったと思いました笑
からなべさんとは面識は無かったのですが、取り敢えずこれで3人グループは完成、エントリー開始日直前だったと思います。

エントリー開始日になり記入フォームを見てみると、チーム名が必要との事でどうしようかなと。
3人で意見交換をしようと思い積極的に発言はしてみるものの事が前に進まないばかり...
誰かが何かをしないとどうにもならない事は目に見えていたので、自分自身にネーミングセンスが無い事を自覚しながらもチーム名の案として、全員のHNを合わせた「アスカラスープ」を提案しました。
自分でもよく分からなかったのですが、お二方とも難なく同意という事でこのチーム名で即採用に。
ちなみに他の案は1つも出ませんでした...
エリート、ベテラン、ホープの位置ですが、相手に合わせて変えられずどこでも良くない?という感じで決まりそうになかったのでチーム名の並び通りに決めて応募を出しました。
応募の結果としては嬉しくも当選で、宮城大会0回戦突破。
まあ外れてても応募した時点で既に宿泊先も交通手段も確保してたので行ったんですけどね(

ここまでを見て、そこまでして宮城大会に出たい?と聞かれても可笑しくないのですが、出たかったです。
結局の所公式に出ることが好きなので...


新弾が発売してからは、デッキの検討をする事にしました。
本来ならチームで意見交換をしながら決める様に思いますが、応募までの時点でそういった空気になりにくいだろうなと思い個人でデッキを組んで回すことにしました。

新弾が出てから作ったデッキは以下の3つでした。

・オーロットBREAK・カプ・テテフGX
・エーフィGX・ダストダス
・WTB

組んだ理由としては、環境初期の時点で取り敢えず組み出すにあたり「分かりやすい」から。
テテフで思いつくのはミツルオーロットだと思ったし、エーフィダストは早い段階から使われ出して数も多かったこと、WTBは形は定まってはないもののアクアパッチがBW当時の悪デッキと同じような動きが出来ることを考えると弱い訳がないと思ったからです。

環境としてはとにかく発売直後の環境ではエーフィダストが多かったので、自分なりに多く時間を割いて検討しました。
回してはみて個人的に完成度は高く作れたものの、SM1+までの前環境のゲロジュナほどのデッキパワーが無く、負ける事も多くどうしてこれが多いのかが分からなかったです。
ただ絶対数としては多いから強いんだろうな、という固定観念が抜けませんでした。
環境に数が多い以上対策されるのは目に見えていたので、迷ったもののエーフィダストは選択するには至りませんでした。

結果的にはエーフィダストに固執した事が失敗で、宮城のデッキ選択は迷走しっぱなしでした。
一言で言いきってしまうと、デッキタイプが多い上エーフィダストが流行している以外についてはメタについてはまるで分からなかったのです。
エーフィダストに固執し過ぎず、デッキももう少し作るべきでした。

上記3つのデッキ以外に触ったデッキはMサーナイトぐらいで、それも候補ではありましたが大阪入賞のkomaさんデッキレシピからどこを弄ればいいかまるで分からずどこかモヤモヤした感覚がありました。

そんなこんなで時間が間に合わず前々日にバスで宮城へ出発することに。
出発している最中にふとバクガメス入りのボルケニオンが多いんじゃないかと気になりだしたり、環境的に行進が強いんじゃないか等よりによって当日持参していない上触ってもいないデッキがひたすらに気になり始め、ますます何を使えばいいのか分からない状態...

宮城に前日入りするもデッキが決まらない事に落ち込んでばかり。
ただ時間は限られていてどこかで決めないと行けない。
また、一番怖かったのが当日一緒に参加するチームメンバーに迷惑を掛けられない事。
個人戦でなく団体戦なので、自分が扱いきれないデッキを選択した結果首を絞めるような感じで負けるというのは避けたかったです。
そういう意味では使い慣れのあるデッキを選択しようという思いがあり、調整もそれなりにしたオーロットで出ようかなとも思いましたが、結局の所テテフが出た所でデッキパワーの伸びしろが低い上苦手なデッキが増えている事、何より安定しない事から諦め...
使っても良かったのですがリスク高過ぎるかなと。。。

色々迷った結果、宮城で使うデッキは「白レック」に決めました。
出発前日にボルケニオンに勝てるデッキを選択したいという思いが消せず、Mサーナイトに対しても有利を取れるのでそういう意味ではこのデッキに居場所はあると思いました。
デッキが決まったのは前日の19時か20時ぐらいで、今シーズンほぼ回せてないのもあり寝るまでの僅かな時間を使って1人回しを集中して取り組みました。
SM2が出たものの入れたカードはレスキュータンカだけで構築はあまり弄れず。
今だから思うこととしては、マオ、マーマネ、カプ・テテフGXの採用は検討すべきだったと反省しています。

個人的にはエーフィダストに勝てるデッキを選択したかったのですが、勝てないデッキを選択してしまいました。
ダストだけならまだ何とかなるにしてもサンダースとの合わせが無理過ぎて頑張っても4-6負けのパターンが多く、当日上位卓に行って当たらない事を願うばかりでした。

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

’17 2/19 チャンピオンズリーグ大阪 Day2

・2日目

残念ながらDay1で予選落ちしてしまい、本気を出すバトルに出ようにもゲームもソフト持ってるだけだし組む人がいない状況ということで知り合いの応援勢兼観戦に回ろうかなと。
自分が出ないなら行く必要ないじゃんとなるかもしれませんが、公式大会のイベントの臨場感や空気が好きで参加し続けているので行かない理由もそもそもないですし笑
寧ろ自分がカードやらないだろうなというのもあり気楽に会場入りしました。9時までにはちゃんと着きましたけど!笑

2日目はポケカではいつも仲良くしている福岡勢をメインに応援・観戦をしつつ会場をぐるぐるしていましたが、あまりにも時間があったため本気を出すバトルに参加賞のポイント目当てで出ようかなという気持ちが沸き始めます。
一応ゲーム自体は持ってきてはいたのでダメ元で声を掛けていたら前日もお世話になったミジュママさんと一緒に出てもらうことに。本当に感謝!
ゲーム記念参加+折角なのでミジュママさんからデッキをお借りしてカードの方も出させて頂き、ふしぎなアメとこだわりハチマキ各1枚入手出来ました。 出れないと思っていたので本当に嬉しかった笑 有難うございました!
本気を出すバトルの参加をちょうど終えたあたりでオープンリーグの予選が終わり、haruくんがAグループ2位通過でクライマックス! 前日食事で盛り上がっている傍らで翌日に備えて行動しているのを見ていたので、当日の対戦が落とせない中でしっかり結果を残すのは本当に凄かった!
ポパイくんもシニアでクライマックス1抜けと自分が予選に出れない事以外についてはテンション上がりっぱなしでした!

午後のウェルカムバトルはスルーしてクライマックス観戦!
haruくんの相手はkomaさんのメガサーナイトで、流れ悪く1没...
ポパイくんも振るわなかった感じで素直に残念でしたが、2人ならまたやってくれると信じているので次頑張ろう!
(勿論自分もまずはDay2からだけど...^^;)

その後は決勝、表彰式までちゃんと楽しんでポイント交換忘れずに帰りました。
サンムーンシリーズが出てから、公式のやり方やパックの封入率をはじめ、いきなりのBO3ルール導入など個人の余裕がないのに加えて懐疑心ばかりでモチベーションが下がり気味だったのですが、今回の公式は久しぶりにとても楽しかったです。
内容の濃い対戦、インターバルの談笑タイム、アフターの食事(笑)、観戦ではトッププレイヤーの高いレベルのプレイを目の当たりに出来たり、公式ならではの臨場感を存分に楽しめた2日間でした。
応援する傍らでの観戦でも結構興奮気味でしたしね。(全然卓が見えなかったけどwww)
正直な所BO3の予選はとても勝ち抜ける気はしないのですが、ポケカ頑張ってもいいかなと改めて思えました。

環境がまた変わるのでまた勝てるかなぁとなりそうですが、春の公式大会としては去年よりは楽しかった気がします。
運営がもう少しスムーズになれば文句ないだけに勿体ない気もしますが、
取り敢えず個人としては当日のプレイも構築も反省点があるのでまた次の会場に向けて出直します。
ここ数ヶ月悩むことも多かったけど、何だかんだでポケカは辞められそうにないなぁ笑

最後になりましたが、当日お世話になりました皆様、有難うございました!

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

’17 2/18 チャンピオンズリーグ大阪 Day1

BO3形式ということもあり、記録が長くなってしまう気しかしない...(前置き
春シーズン1会場目の大阪会場に参加してきました。

・1日目

事前応募制との事もありいつもよりゆっくり出発、
というよりは前日ギリギリまで調整していたので起きる時間が遅くなっただけなんですが汗

会場はバトルカーニバル2011以来約5年ぶりぐらいのマイドームおおさか。
実は当時初めてちゃんとした60枚のデッキを作って参加した公式大会でそこから今に至るんですよね。懐かしい・・・

8時半ぐらいに着いたけど、4階まで迂回させられた以外はスムーズに入場できました。
取り敢えず当日の参加登録を済ませ、自分はBグループになりました。
今回デッキは途中変更できないので、1日前に決めた通りゲロジュナにて臨みました。
余談ですが、ガマゲロゲジュナイパーの略称がゲロジュナだという事をこの2日間ではじめて知りました・・・(情弱

・Day1 Bグループ

使用;ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX・エーフィEX・シェイミEX

長年やっていますが、公式大会で環境トップのデッキをメインで使ったのは今回が初だと思います。
いつもは対策に回る側なのですが、今回は直球勝負する側に回りました。
個人的には苦手なデッキということもあり、込み入った点はなくかなりシンプルで安定寄りにしています。


1マッチ目 △ (✕-〇-△) ルナアーラGX・ゲンガーEX・ソーナンス

初戦からポケカ激戦区神奈川のプレイヤーとの対戦となりました。
しかもルナアーラということもあり、早くも時間との闘いを強いられます。

1ゲーム目

コスモッグをフラダリしてブルブルパンチをしたいものの、サポートがNしか引けず、それをサーチャーで使いまわす流れに...
ソーナンス前でエネつきゲンガーと素引きでルナアーラGXを用意されブルブルでは追いつけなくなります。
サイドを引かせてNを刺して、アタッカーをジュナイパーGXに切り替えてはっぱカッターで返しまんたん引かれなければという場面で引かれてリーリエから打点の出る非EXルナアーラを立てられてルナフォールGXでしっかり対応されて追いつかず投了

2ゲーム目

序盤事故もフラダリコスモッグからシェイミを使えて何とか展開。
今度はブルブルパンチが刺さった上コスモッグをしっかりと処理できる良い流れでそのまま押し切り勝ち

3ゲーム目

5分ぐらいしかなくお互いサイドを取り切れない。
ゲロゲは置かずにジュナイパー3、4体必死に立てて急ぐのが正解だったと数ターンして気付く甘さでした。

対戦自体は感じの良い方という事もあり楽しかったものの結果は引き分けです。
縺れるマッチアップと分かっていただけに初戦から辛かった。

長い(笑)インターバルを挟んで2戦目です。


2マッチ目 △ (✕-〇-△) ジュナイパーGX・セレビィ・マシェード

この組み合わせだけを見てわかる人はわかるのですが、カビゴン単やメレシー単等の地雷デッキでクライマックスに進出している愛知のプレイヤーとの対戦となりました。
なんてことを()
マッチング表で相手の名前見てイヤな予感しかしなかったですね・・・
デッキコンセプトを読めたのは良かったものの当たりたくはなかった笑

1ゲーム目

ジュナイパーミラーがそもそも初だったので緊張した。
リソースを切るのを躊躇ってプラターヌでなくNで展開しようとするも、ジュナイパーラインにもボールにも触れない弱い引きを繰り返してしまい場を作れません。
返しに相手はボールとマシェードでジュナイパーを複数用意されて盤面差が覆らず足掻いてはみるものの無理ゲーだったので投了
1ゲーム目で緊張してしまい時間を掛けてしまいピンチに
引きが弱過ぎて仕方なかったけどミラーの流れを事前に分かっておけなかったのが後悔

2ゲーム目

先攻ということもあり、今度は早い段階で場を仕上げられたのに対し、相手はプラターヌでジュナイパーラインと活力剤を切り進めて展開せざるを得ないラッキー。
こちらのジュナイパーとエーフィで相手のモクローやフクスローを処理出来て相手事故気味なのもあり投了勝ちでした。

3ゲーム目

とにかく場を早い段階で仕上げて、セレビィはスルーしてマシェードやジュナイパーラインを処理し続けてリード。
ただ制限時間が間に合わず、5-0まで進めてかなり優勢も残りの1枚をラストターンで取る術がなく時間切れで引き分け。

セレビィやマシェードがどうとかというよりはジュナイパーミラーの経験値がない事がモロに出てしまったのとリソース管理に時間を使ってしまったのが痛かった。
この時点でマッチ勝ちがなく次の4戦全勝しないとDay2に進めない現実に焦る...

ここで昼休憩みたいな感じで、開始が遅れたのがありまた長いインターバル
久々にharuくんTMYさんと沢山喋れて楽しかった。
BO3は苦手なのですが、予選中に休憩で談笑タイムを楽しめるのはそれはそれで良かった気がします。

3マッチ目 〇 (〇-〇) ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX

またジュナイパーミラーでした。
しかも今度は純正。2マッチ目の反省を生かしたい所です。

1ゲーム目

相手がゲロゲを用意してきたのに対し、はっぱカッター体制を整えてフェザーアローでジュナイパーラインに乗せてミラクルシャイン絡めて有利に進められた気がします。

2ゲーム目

ぶるぶる合戦になるも場をしっかりと作れた上クセロシキでダブル無色トラッシュで詰まった気が。
優勢に進めるも、ホロウハントで詰める場面ではっぱカッターしてしまい返しにメガホン引かれたらこちらのまわしシェイミを落とされて逆転負けされる事となりピンチに...
何とか引かれず勝ったけど時間がギリギリでこれ落としたら引き分けあったので猛反省...

内容はどうあれ何とか当日初めて勝てて安堵。
引き分けしか無かったので少し精神的に報われつつも気を抜けない... 4マッチ目へ。

4マッチ目 〇 (〇-〇) ジジーロンGX・イベルタルEX

ジジーロン相手はあまり練習できておらず不安だったのですが、場をオープンしてついにきたかと...

1ゲーム目

ジジーロンを2体並べられてまわしをいっぱい貼られるイヤな流れ。
ぶるぶるは諦めてジュナイパーを後ろで用意してジジーロン1体に乗せ続ける。
はっぱカッターとフェザーアローでダメカンを乗せてクセロシキでまわしを外して1体処理。
ホーリーエッジでダブルをトラッシュされるのが辛いがホロウハントでリカバリして2体目処理してから最後にシェイミ倒し勝ち。

2ゲーム目

1ゲーム目でリソースを把握出来たのが大きい
まわし4、オカルトマニア2、ジジーロン3、月輪の祭壇3、ピーピーマックス4だった気が。相当メタられてるなと...

エネ管理とメガホンを撃つタイミングとスタジアム合戦を意識してプレイ、
エネ付きジジーロンを早々に2体用意され、フェザーアロー敢えて撃たず1ターンエンドして場を作り1ゲーム目と同様リソース管理注意しつつクセロシキでダブルをトラッシュして止めつつジジーロンとイベルタルを処理して勝ち
エネが各1サイド落ちしてて少しやばかった...

終わってから相手に聞いてみるとやっぱりゲロジュナは意識していて勝てると思われていたらしくこのマッチを取れたのは自信に。
何とか2勝目を取れました。


5マッチ目 〇 (✕-〇-〇) ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX・ラフレシア・ミルタンク

ジュナイパーミラー3回目・・・
トップメタだから仕方ないけど、お互いマリガン見てあっ...となる笑

1ゲーム目

ぶるぶる合戦に
序盤は何とか場を作りにかかれたのですが、相手のクセロシキからダブル無色を一切引けずサポは引けるもこちらだけグッズロックで何も出来ず。
盤面差を作られた挙句考え込まれて流石にまずいと思い投了

2ゲーム目

相手後1ナゾノクサ単でポストで展開出来ない事故で先攻2キル、ラッキーでした

3ゲーム目

活力剤とコンプレッサーで展開するラフレシア入り構築と分かったので、相手の微事故スタートを見てぶるぶるをとにかく外さず展開。
序盤はぶるぶる合戦だったもののジュナイパーを先に立てられたのでフェザーアローで相手のジュナイパーラインを進化しないうちに処理した次にクセロシキ警戒で2枚ダブルがついたゲロゲを処理、
相手のトラッシュにダブル3草2が見え、次にダブルのついたミルタンクが攻めてきますがぶるぶるを切らさずフェザーアロー絡めて処理、
エネを途切れさせたのであとはホロウハント警戒しつつAZとスカイリターンでダメージの乗ったシェイミとエーフィを回収して負け筋を無くして最後ミラクルシャインで詰めの段階に入ろうかなという所でタイムアップ&エクストラターン。
お互いのラストターンでNで手札のエネが流されなければ勝ちで相手の長考の末気付かない事を祈るも結局Nされる、
返しにポストからハイパーシェイミでセットアップからのプラターヌでエネ引けてミラクルシャイン勝ち!
ジャッジが隣で付きっきりで周りの卓はもう既に終わってて周りにも見られてたのもありめっちゃヒヤヒヤした...


幸先悪い出だしから何とか持ち直して3-0-2に。
厳しい対戦が続くも最後取ればDay2、
6マッチ目で16テーブル(暫定top32)まで順位を上げて少し震える(最初の方はかなり下の方の卓だったので)
疲労感を拭いつつDay1最後のマッチに臨む。

6マッチ目 ✕ (✕-△) ケンタロスGX・イベルタルEX・ダストダス

1ゲーム目

初手ケンタロスGXで萎えるw (結局当日面倒なのかミラーしか踏んでない 泣)
おまけにここに来て序盤事故してしまい、初手のゲロゲに草エネ2枚つけてぶるぶるスタートという。。。
ジュナイパーで攻めるマッチアップだっただけにこの動きは悪かったかもしれない。
ヤブクロンを置いてきたので縛りたかったのですが貼られたかるいしを処理しきれずパラレルで打点を落とされてまわしケンタロスの処理に苦しみサイドレース不利に。
相手の手札が0になったタイミングがありチャンスを貰うもトップサーチャーフラダリシェイミいかり110ジャストというアンラッキー引いてしまい1ゲーム目を落とす。
2ゲーム目の準備中に気付いたのだけれども、パラレルで打点を落とされていたのでシェイミが落とされなかったのを終わってから気づき凹む。気付かなかったから悪かったのだけれども相当焦ってたんだなと...

2ゲーム目

1ゲーム目で時間を使ってしまいかなり焦る、
何とかジュナイパーで殴る体制を作り始めるもフラダリでエネ付きの進化前を取られたりしてしまい苦戦、
スタジアム合戦に負けたり、終盤を考慮すると引きたくないエネやサーチャーをトップで引き続ける事数回してしまいリソースが切れてジリ貧に...
相手のシェイミをフラダリで狩り切る間もなくダストを許し、終盤にホロウハントでリカバリするも1枚足らずの状況な上残り山札5枚に対しプラターヌでパーツを引かざるを得ない状況になってしまいエクストラターンでサイドを取り切れず引き分けに。続けても恐らく無理だった。
1ゲーム目を落としていたので負け。

今思い返せばホロウハントの対象を1枚誤っていたのが反省点で、2戦共に目先の勝ちに対してとにかく焦っていた事と自分の甘さを痛感しました。
立ち回りも良くなかったと思っているので負けには納得しているものの悔しい。

最終結果は3-1-2の11点となり、順位は一気に70位まで転落...
序盤に勝てなかったのもありオポも同スコアの中で最下位でした。
ボードを見ているとまるで学校の受験で受かった落ちたかの様な生々しい感覚に似たようなものを感じました。

前半引き分け2連続からドロップもせず3連勝して最終戦まで望みをつなげたのは良かったのですが、Day2に上がれない現実は本当に悔しかったです。
最終戦負けた時点でスコア的に予選落ちなのは分かってはいたのですが、いざ結果発表をその場で見て、当日の空気やBGMも相まって思わず泣いてしまいました。

当日の対戦は、何年も公式大会に出ている中で一番苦しかったし、楽な対戦なんて1つも無かったです。
ゲロジュナを使った事には後悔していないですが、当日はミラーか重いマッチアップしか無かったのはつらかった...
(環境トップデッキを使う事はそういう事なのかもしれないですがそれにしてもこの展開は予想してなかったです)

終わってからはharuくん、TMYさん、じいざす家と一緒にご飯へ。
ポケカやっててご飯自体が久々なのもありとても楽しくいい思い出になりました!
haruくんはDay2に進めたので、予選落ちした自分は翌日は応援勢としての参加になりました。
カードの調整すら出来てないのにゲームは専ら無理だったので2日目もワンデイやって欲しかったなぁ...

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

2017春大阪大会 前日まで

秋のアニバーサリーフェスタが終わってからは色々と余裕がなく練習や調整どころか新しいカードを集めるので精いっぱい...
年が明けてから出たジムバトルは1日(2回)だけで2月は全く出ていないぐらいで対戦したのは関ジェネとカブトプスメガバトル(ポケモンサークル主催の自主大会)のみ・・・

顔を出そうと思えば出せたのですが、そもそも自分のデッキを触れていない時点で出る気も起きず...
そんな中で迎えた2月の公式大会。

去年の秋あたりから少しずつ感触を掴み始めてはきたものの今までで恐らく1番練習出来てないシーズンでした。
自主大会の結果やデッキを触り始める中で自分の中でのメタゲームの優先順位は以下の通りでした。

Tier.1
ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX
ボルケニオンEX・ボルケニオン
MミュウツーEX・ダストダス

Tier.2
MレックウザEX・シェイミEX
ブラッキーGX・ゾロアークBREAK
よるのこうしん 
etc...

簡単に書いてはみたものの、Tier1はまだしもデッキの種類が多過ぎて訳が分からない状態でした。
ソルガレオドータクン、ルナアーラソーナンスなどの新規のデッキから、レインボーロード、オーロットの既存デッキも残っていたり。
他にもラフレシアやダストダスもメインアタッカーがそれぞれ異なったり、最近ではアローラベトベトンも出てきたり。
この上で強化拡張パックのカードも入り、BO3ルールでの扱いやすさを考慮した上で考える必要がありました。
ついていけない気持ちがとにかく強かったです。

色々な事が相まってモチベーションはかなり低かったのですが、取り敢えず残っている時間を使ってトップメタのデッキから回し始めることに。

個人的には去年の秋から感触が悪くなかった白レックをまず候補にしてみたものの、向かい風な印象が否めなかったのに加えてアンチカードのウソッキーが出てきて諦め、次に考えたのがジュナイパーに強いだろうという勝手な判断からミュウツーダスト。
ところがミュウツーダストを回してみてもジュナイパーに思う程勝てませんでした。
ミュウツーダスト自体がウェルカムフェスタやバトルクロスロードで優勝しメジャーになっていたので対策されるデッキだというのも相まって悩んだ挙句候補から外すことに。

一見有利そうに思えたミュウツーダストがガマゲロゲジュナイパーに思う程勝てないことから、意地になってしまいガマゲロゲジュナイパーに先ずある程度勝てるデッキを探そうと思い環境上位にいると思われるデッキを取り敢えず作っては当ててみます。
そのうち何とかなるだろうと思った事もあったのですが、持っているデッキがびっくりするぐらいゲロジュナに勝てませんでした。

これまでもプラズマや行進などトップメタのデッキを意識したデッキを何とか用意して臨めてはいたのですが、ゲロジュナに対しては全く歯が立てませんでした。
ミュウツーでもルナアーラでもビークインでも予想以上に勝てず心が折れるのがよくわかりました。

ゲロジュナの強さとしては、そもそもグッズロック+狙撃+エーフィ退化とコンセプト自体の強さもありますが、もう1つとしては多少出遅れても後追いで対応出来るデッキパワーの高さがあると判断しました。
一方でゲロジュナに勝つ側としては出遅れるとテンポを取り返せず負ける流れが多い。

デッキ選択において先ずTier.1の3つのデッキにそこそこ優位を取れる事が条件だと思ってはいましたが、真っ先にゲロジュナを見れないと話にならないと痛感しました。
この事に気付けたのは良かったのですが、とにかく時間が無く本当に焦りました。

デッキ候補は毎日変わるぐらいの迷走ぶり・・・
ひょっとしたらこのデッキ強そうだしゲロジュナに勝てるかも?と思い組んでみるものの分からされるばかりで作ってはやり直し・・・
前々日の時点でエーフィビークイン→ルガルガンダスト→ニンフィアラフレシア→イベルタルベトベトン→・・・

完成度の低いデッキを即興で仕上げられる気もせず、使いたいデッキも無く現実逃避状態に...

前日ギリギリまで悩んだ末、1つの結論を出すことに、、、

もう自分がゲロジュナを使えばいいんじゃないかと。

はっきり言って個人的に苦手なデッキタイプで扱いきれない気持ちが強かったし思考停止でのデッキ選択ではありましたが、
経験上中途半端なデッキ相手ならゲロジュナでほぼ勝てるだろうと思ったのと、仮想敵として一番多く触ったデッキだったのが決め手でした。
あとはいつも通りharuくんにデッキの相談をしているうちにデッキパワーの高さを感じることが出来たのもありました。
デッキを決めたのは自分だけど、彼には本当に感謝です。

ゲロジュナを使う事を決めたのが前日の9時。
早く寝たかったのですが、リソース管理の練習(サイド落ちなど)を出来ていなかったのと細かい部分を詰めるため12時までデッキを弄っていました。
あとはXYシリーズも長くは続かなさそうなのでせめてデッキのカードだけでも本物にしよう、とふと思い突然差し替えをはじめてみたりなんかも笑

今回はいつもよりはゆっくり目でも大丈夫なので、睡眠時間を最低限確保して本番に臨みました。