’18 6/9,10 ジャパンチャンピオンシップス

終わってから約1ヶ月とだいぶ間が空きましたが、書けるうちに。。。
惨敗だったのもありますが、対戦内容は殆ど覚えていないです。
ただ楽しい思い出にはなったので、書けるうちに残しておこうかなと思います。

・当日まで

京都大会が終わってからというか、今シーズンの後半は私生活面含めて精神的に落ち込み気味だったり多忙気味で、
ジャパンチャンピオンシップスについては楽しむ事が目標になっていました。

新弾発売後1週間後の大会という事もあり、出来る限り練習したかったのですが、情けなくも今回はダメダメな感じ。
色々と心が折れて、急遽大会1日前に休みを取ってカードを回すことに...

最初に公開されたレックウザGXを発売少し前に試作して試すもルガゾロとマッシルガンに全然勝てなくて早々に諦め...
(↑当日の優勝デッキタイプはレックウザだったので、検討が甘かったのだろうな、と一応補足しておきます)

新弾のリストが発売数日前に一気に公開されたけど、プロクシ用意するのが億劫な量でテキストを覚えるので精一杯。。。
何となく強そうで使いたかったのがバシャーモGXで、実際に組んで試してみると割と楽しかったので前日まで候補に。
楽しかったのは良かったものの、デッキを回す上で欠点が結構目立つ感じでマッシルガンに全然勝てないのが分かった時点で確か諦めたと思います。

で、結局迷った挙句マッシルガンを選択する事に...
理由としては、ルガゾロ、マッシルガン、ウルネクカラマネロの所謂"3すくみ環境"の中で最も無難と判断したから。
この3つのデッキを京都前後からずっと交互に回し続けたのですが、相性不利を覆すプレイと構築が中々出来ず難航。
今振り返ってみても、現環境を攻略出来なかったのだと素直に負けを認めるレベルです。
その中でマッシルガンでウルネクカラマネロを相手するのがまだマシだと思ったからです。
(と言いつつ全然勝てなかったのですが...)
デッキ決定するのがかなり遅く、ただでさえ闘デッキの扱いが苦手だったので当日は色々と精彩を欠いてしまったと後悔しています。
前日は不安過ぎて、確か前日の行きの時間に泣いてました(マジで
当日まで出来たことも、自分に対する自信も、デッキ選択も何もかもネガティブでしかなかったし、
私生活面も良くない事続きで心が折れてた。
そんな中で楽しむ事を目標にした事だけが本当に救いで、楽しかった頃を思い返したりして明るい気持ちで会場へ向かうようにして、何とかプラス思考で大会当日を過ごすことが出来ました。気負い過ぎないのも大事なのかもね。

・当日

・Day1

今回の大会はゲーム部門と同時開催かつ今シーズン最後の全国大会という位置づけだったのもあり、
会場が賑やかでいつもより豪華な感じ!ステージも雰囲気があって純粋にわくわくしました。

使用;マッシブーンGX・ルガルガンGX

1戦目 〇 ガマゲロゲEX・ゾロアークGX

今年1月のポケカ四天王決定戦で決勝まで上がられた方といきなりマッチアップ。
序盤ウツロイドGXでお互いこんらんになってコイン合戦で先に倒されるも、非GXマッシブーンで攻める。
非GXゾロアークを出されず、オカルトマニアからダメージを出される事も無かったのでそのまま押し切れて勝ち。

1-0

2戦目 〇 オンバーンGX・ダストダス

対処し辛い組み合わせながらも、グッズを絞りながらルガルガンGXを立ててデスローグGXで1体目のオンバーンGXを処理する悪くない出だしから入るも、グッズロックから3枚目のエネを引けずにテンポロスしてしまい、オンバーンを受けまわされて処理が出来なくなってしまう。
グッズロックも刺さって勝ち筋がどんどん細くなっていき、グッズの消費を抑えきれずマッシブーンGXがごみなだれ圏内に入り負け。
ダストオキシンでブラッディアイ使えなかったのが地味に痛かった...

1-1

3戦目 〇 ホウオウGX・ボルケニオンEX・ヤレユータン

相手の動きが遅かったので、その間にルガルガンGXで攻め始めサイドを先行するもこちらも手札が詰まる...
エネを引き込み過ぎて、ビーストリングするタイミングでエネをつけられずに捲られて厳しくなる。
相手の場にヤレユータンがいるのにNを使わないとグズマで負けの流れになって、仕方なくN。
相手グズマ使えず、こちらプラターヌからパーツ揃って勝ち... 運勝ち。。。

2-1

4戦目 〇 ゲッコウガ

後攻でケロマツ2体の相手に対しジェットパンチ50止まりなスタートも、2ターン目のみず4ぶんしんの返しにブラッディアイで手負いのケロマツを呼び2枚抜き成功。
返しにゲッコウガに進化してくるも、イクスパンションGXで処理。
マッシブーンGXを倒されてからは、ビーストリングで後続を用意しながら非GXマッシブーンでサイドを稼ぎながらオカルトマニアも挟めて勝ち。
ゲッコウガは全く練習してなくてイヤや予感しかしなかったですが、Nもエリトレも全く引かなかったようで手札に1回も干渉されず。人相性で勝てたのはラッキーでしたね。

3-1

5戦目 ✕ ルガルガンGX・ゾロアークGX・アローラベトベトン

有利マッチですが、後攻かつウソッキー単スタートで初手にサポ無しの残念スタート。
全くサポを引けず、ネストボールでマッシブーンGXを置いてエネを貼るしか出来ず...
ただ弱点を付けるので、何とかサイドレースだけ無理矢理つないだ所でサイドからハイパーボールを引けて何とかここから...
という所でN。
サポをこれまで1枚も使っていなかったので、引き込みたい所ですが結果はお察し。そのままたね切れ負け。
本番でルガゾロに勝てない...

3-2

6戦目 ✕ MサーナイトEX

1戦前が仕方ない内容だったので今度こそはと思いこむも、今度はイワンコ単スタートでサポなし...
相手側も展開が遅めだったので粘れましたが、デスローグGXする前にディスペアーレイでベンチがさようならーorz
サイド先攻されて出遅れた所、非GXマッシブーン挟むかGX合戦の2-2交換+Nゲーで勝負するかを迷って満タンされるのを嫌って後者を選んでしまい失敗...
しっかりカウンターされて2体目のルガンをグズマで先に手負いにされてしまいサナを倒せず負け。

3-3

Day2が目無しになるも、最後までやってせめて5勝のプレイポイントは持って帰ろうと思いドロップはせずに続行...

7戦目 ✕ ゾロアークGX・ネクロズマGX・カプ・テテフ

所謂超ゾロアーク。
マリガンでマオとゾロアークGXが見えたのでいけそうと思うも、蓋を開けるとゾロアを全く出さずにテテフとオドリドリで攻めてくる。
ルガンにエネを用意して攻めれば何とかなると思うも、ベンチも並ばずにデスローグGXでテテフを落とせず想像以上に苦しくなる。
何とかテテフは倒すも、ネクロズマGXを意識するのが少し遅かったのがかなり痛かった。
ブラックレイGXで一気に4枚取りされてジリ貧になってしまい、そのまま押し切られて負け...
ゾロア置かないお相手が上手かったと痛感した1戦でした・・・

3-4

8戦目 〇 グソクムシャGX・ゾロアークGX

序盤サイドをしっかり取りながら、ジェットパンチでアーマープレスされてもサイドを引けるように調整しておく。
テンポをしっかり取れる動きを終始出来て勝ち。
デッキとしては違えど、グソクダストを回し込んだ時期があったのが役に立った(気がした)1戦でした。

4-4

9戦目 ✕ ミラー

テテフでグズマを持ってくるも、自分のポケモンを逃がせないので結局使わずプラターヌという訳の分からないプレイから
色々と総崩れしてボロ負け。
長丁場+負け続けで体力的に厳しかったし、何かもう頭が固まっててプレイも下手過ぎて相手に申し訳ないレベルでした、、、

4-5

10戦目 〇 レックウザGX・ジバコイル

ジバコ立って場が完成したら厳しいのかなと思うも、コイルが1体ずつしか並ばなかったので
グズマとブラッディアイでコイルを連続処理していってジバコイルを立たせず押し切れて勝ち。
疲労感が対戦前からあったので、対戦自体も結果も何とかなって良かった。。。


5-5でぎりぎり勝利賞のプレイポイントに到達の惨敗でした。
プレイも構築も至らぬ所があったのは事実だけど、負けが重なる且つ長丁場の対戦はくるものがあるなぁと感じました。。。


1日目はサイドイベントも無く、やる事が無かった感じでしたが、終わってからはお喋りタイム+会場grgrしてあっという間でした。
当日すごく印象に残っているのが、予選後にやったHrAyシスターズと姉さんと自分の4人でやったいっせーのーでゲーム(←正式な名前知らない()
やったの15年ぶりぐらいでルールとか大丈夫かなとちょっと不安でしたが、やり始めるとその場のテンションもあってか面白かった!笑
誘って貰えたのもうれしかったし、楽しい時間を本当に有難うございました♪
笑い過ぎて疲れてホテルに着いてからすぐ横になるレベルでした(もはやカード関係ない


・Day2 (6/10)

本戦には出れないのでスペシャルカップか観戦を楽しもう、という事に。
何故かかなり早く起きれたのもあり、朝は少しゆっくりな感じで過ごせました。

少し早めに会場着。1日目の物販では限定商品は全て完売だったのですが、2日目でもちゃんと買える様になっているのは良かったなぁと。使うか分かりませんが前日分と合わせて2個目を買いました。

最初はスペシャルカップに出ようかなとぼんやり考えていたのですが、
当日のタイムスケジュールを見ると観戦が出来ずどっちつかずになる気がして、不参加に。

結果、最初のゲーム部門から中盤以降のカード部門まで、観戦をたっぷり満喫出来たので自分的には良かったです。
ゲームは対戦の細かい部分は良く分からないのですが、見ていて盛り上がれる感じは好きです。
ジュニアからマスターまで全て見ましたが、素直に楽しかったです。

カードの方は合間合間で本戦の卓の対戦を見に行ったり。
遠目の卓は見えずでしたが、近めの卓は見れたのでそこは良かったかなぁと。
ちなみにこの時間に、親交のあるとある方(一応ここでは名前は伏せ) からチョコレートを頂いてびっくり!
ここで書いても伝わらないとは思うけど、素直にうれしかったよありがとう♪
当日はご本人に直接お礼を言えてないので、次のシーズンにでもちゃんと伝えられたらいいなと思っています。

観戦の繰り返しだと、合間の時間が中途半端に余るのもあり折角だし1回ぐらいサイドイベント行こうかなと思いフライトバトルに。
参加してから分かったのですが、2つのグループに分かれてのローテーション総当たりなので途中抜け出来なかったり自分の対戦が早く終わっても周りの対戦を待たないといけなかったり。
予選ダメでスペシャルカップも出なかったので元々対戦する気は無かった分、
対戦自体は気軽に出来たし周りとのコミュニケーションを楽しめました。
対戦中にジュニアの決勝が始まってしまい、結局見れなかったのは残念でしたが()

サイドイベントを抜けてからはカード本戦の観戦に戻ることに。
普段より親交のあるAriさん、haruくんが勝ってベスト4確定した時は本当にうれしかった!
haruくんはそのまま勝って2年連続の全国決勝とか、素直に凄すぎて。。。
マスターの決勝は釘付けになって見ていましたが、結果は...><
正直悔しいけど、ほんとナイスファイトだった!! 

haruくん2位、Ariさん3位入賞、今シーズン最後にようやく報われたのは本当にうれしい。改めておめでとう!
WCS、楽しんできてほしいです。

表彰式と手続きが終わってからは最寄り駅までではあったけど、そんな2人と共に帰路につきました。
勝負所でしっかり結果を残せる強さを持ち合わせながらも、話し始めるといつも本当に楽しいし面白いし笑える。
そんな彼らと親交がある事が本当にうれしい時間でした。
あとは当日雨だったのに、傘使わないルートで帰れて助かった。笑

・・・

繰り返しにはなりますが、JCSは結果は惨敗だったものの、楽しむ事を目標にしていた事が本当に良かった。
負けて落ち込んで時間をふいにする事なく、観戦や大会当日に会える関係とのお喋りを純粋に楽しめたり、仲良くして頂いている方が結果を残すとやっぱりうれしかったり、、、
あとはイベントとして、お祭り感があって雰囲気がとても楽しくて、参加して本当に良かった!
とても楽しい思い出になりました。


近況としては、今も変わらず上手くいかない日や落ち込みがちな時もありますが、
今は自分が持っている関係や、今回のような楽しい思い出や、自分らしさを改めて大切にしていきたいと思っています。

最後になりましたが、当日お付き合いして頂いた方々、対戦して頂いた方々、有難うございました。
スポンサーサイト

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

’18 4/21 チャンピオンズリーグ2018 京都

GWに入り時間を取れたので、時間のある内に京都大会のレポを残そうと思います。
更新遅くなったかなぁと思ったんですが、まだ大会終わった翌週なんですね(有り難い笑

・京都大会まで

メンタル的には私生活含め落ち込み気味な日々だったので、
京都大会は取り敢えず体調だけは整えて参加する事を心掛けて臨みました。
今更になりますが、当日含め励ましを頂いた方々有難うございました。

デッキについてですが、名古屋大会では結局決めきれなかった挙句、ナッシーを急造構築で2-3という惨敗をしてしまう...
今思い返してもナッシーに対する虐待レベルで申し訳なさを感じ、自分自身も情けなくこのままではいけないと。
京都大会は取り敢えず環境に入る何かしらのレベルのデッキを使うことに決めました。
名古屋大会はマッシブーンルガルガンが上位を席巻した事と、
デッキの安定感から京都でもそこまで数が減る事はないだろうと思い、最低でもマッシルガンに微有利以上は取れるデッキを選択しようと思いました。

取り敢えず京都大会で上位に入ったor気になったデッキを一通り組んでマッシルガンに当て続けました。
具体的な勝率は出せなかったのですが、その中でウルトラネクロズマが自分が一番扱いきれてかつ勝率を取れるデッキだと思い候補に上げました。

トレーナーズリーグは2月末に挫折し、専ら一人回しでテストプレイな中で気持ち的には落ち込み気味でしたが...
本番で使う候補デッキとして実戦経験をしておくべきだと感じて大会1週間前の関ジェネで使うことにしました。
結果としてはラッキーが重なり3位入賞。

予選

〇 ダストダスゾロアーク
〇 マッシブーンルガルガン
〇 相手事故
× ルガルガンゾロアーク
〇 エーフィダストダスジジーロン

決勝T

〇 ニンフィアたん
〇 相手事故
× ニンフィアネクロズマ?
〇 オーロットネクロズマ

当日のミスや構築面で気がかりだった面はありましたが、残り1週間でデッキを変更して失敗するのも嫌だったのと平日に時間があまり取れなかったため、ウルトラネクロズマを京都大会で使う事に決めました。
ウルトラネクロズマは回していて、デッキ的に盤面で勝負するデッキだという事と引きに依存しがちな面を感じたので
名古屋大会の時点ではそこが気がかりで検討を止めたデッキだったのですが...マッシルガンに勝てないと話にならない事を優先して、特に前日と前々日に集中して調整しました。
回していてゾロアーク派生がかなり厳しく感じ、結局不利を覆す程にまでは至りませんでしたが...
自分なりにプレイと構築は考えられたのかな、とは思います。

・大会当日

調整が追い付かなかったため、前日にも関わらず夜遅くまでカードを触る死亡フラグを立ててしまうものの(体調だけは整える、とは...)
流石に公式当日なので気合いで起きる()
京都会場は想像以上に遠く、遠征でもないのに始発で出発するという()
少しだけ余裕はあったので、途中の電車を1本見送って当日の昼食を用意して、
電車の移動時間に当日使うがんばリーリエのスリーブに差し替えタイム(知ってる人いなくてある意味良かった・・・w)
今更ですががんばリーリエはゲームのストーリーを進めていた時から好きです。

スリーブの差し替え以外では、
当日会場に着くまでに1枚カードを変更しようかずっと悩んでいて、失敗フラグがよぎるも結局変更することに()
ちなみに差し替えたカードは3枚目のN→アズサでした。
アズサの採用理由は無くても何とかなる場合が多いのですが、ボールを多めに入れても結局引けないと盤面が出来ない事と、
初手に切れないカードが固まったり、アズサを使った方が強い場合がある事からでした。
当日の結果的にはあっても無くてもあまり変わらない感じでしたが、要る要らないを判別出来る所まで至れなかったのは実力不足ですね。。。

前置きが長くなりましたが、当日の対戦内容を残そうと思います。
とはいっても、結構曖昧な感じになってますが。。。
早めに書かないと忘れるのですが、それが出来ないのがもどかしいですね。


使用;ウルトラネクロズマGX・カラマネロ

ドータクンやシビビール系統のデッキは一時期よく使っていましたが、
公式で使ったのは本当に久々な気がします(笑) 恐らくカメックスメガバトル以来だから2年以上ぶりかな?


1戦目 〇 ウルトラネクロズマGX・カラマネロ

佇まいが強そうな方でいきなりミラー。
後攻でお互いマーイーカを並べるところから始めるも、アタッカーを持ってくる所をマーイーカにしてしまい並べ過ぎてしまう。
あかつきネクロでこちらのマーイーカを倒される所から始まり、こちらは返せずさいみんじゅつ。
ここで起きなかったのが大きく、返しでイクリプスムーンGXで処理してサイド差を返す事に成功。
このあかつきネクロが返されず、盤面を作って相手のN→イクリプスムーンGXを素引きグズマでかわして勝ち。
勝てたのは良かったけどラッキーだったなぁという事と、ミスを反省。
最初は寡黙な方なのかなと思ったけど、対戦前後の会話で気さくな方と分かり印象良かったです。

1-0

2戦目 〇 ミュウツー(相手事故)

関西の大会で時々見かける方。
後攻でしたが、相手ミュウツー単で壮絶事故だった様子でまさかの後攻2ターン目で勝ち。
(1週間前の関ジェネでもほぼ同じ対戦があって、手札が完全に察してた...)
ルガゾロっぽかったのでこの対戦はラッキーでしたね。 この対戦"も"かな(汗

2-0

3戦目 〇 行進(おしのびさん)

会う度にフリー対戦をして頂いている気がしますが、まさかの本番でマッチングするとはと大笑い。
とはいえ公式大会の成績が強い方なので気を緩められません。
後攻スタートで相手はシェイミを複数使って一気に回してくるも前のウルネクを処理できず、
あかつきネクロの弱点を勘違いされていたようで1ターン耐えるラッキー。
行進は練習できておらず、今思い返しても立ち回りが酷かったのですが、オドリドリが3回あやかしのまいを言えて勝ち。
当日1日の対戦通して、一番立ち回りが酷すぎたというか不明確だったので猛反省な対戦でした...

3-0

ラッキーが続き、取り敢えず名古屋の2-3よりは上の成績を取れたものの、そこまで都合良過ぎる流れが続く訳もなく、、、

4戦目 ✕ ルガルガンGX・ゾロアークGX

相性が厳しい上後攻。
先1テテフアズサでウソッキーを警戒されてかゾロア2体の他にアローラベトベターを置かれる。
こちらも返しで展開してウソッキーも置いて展開を抑制。
想定通りマインドジャックからサイド先攻されるも、アロベトを立ててフル展開されなかったのでサイドを返して粘る。
テテフがサイドに全て落ちていて詰まったら終わりでしたが、何とか耐えてマインドジャックとデスローグの圏内からも外すようプレイ。
終盤、何とか食らいついてサイド4-3の状況、Nケアでこだわりハチマキを先に付けたのが恐らくミスで返しに即ブロアーで場からこだわりハチマキが消されて前のゾロアークGXを処理出来ず。
前がお互い無傷のゾロアークGXとウルトラネクロズマGXで、相手のベンチにアローラベトベター、ゾロア、シェイミEX、0エネのルガルガンGX。
前のゾロアークGXを落とせず、ベンチにオドリドリを置いてNを刺してめつぼうのひかりでゾロアを倒して残りサイド2。
ターンが回ってくればという状況に持ち込むも、セットアップととりひき1回とセンパイとコウハイで、アローラベトベトンとポケモン4体引かれて19点ちょうどでウルネクを倒されて負け。
惜しかった...

3-1

5戦目 ✕ ルガルガンGX・ゾロアークGX

相性が厳しい上後攻。ここまで全部後攻なんだけど...w
先1テテフアズサからゾロア2体とイワンコを並べられる。
マインドジャックの方でなく、ゾロアークGXでマーイーカを倒すところからだったので、
こちらもウルネクでゾロアークGXを処理出来ればサイドレースでいけそうだったのですが...
プラターヌで2ターン連続で超エネルギーを素引き出来ないのがかなり痛かった...
この2ターンでサイドに差がついた挙句、手札のサポが詰まるという嫌な流れに...
オカルトマニアからアローラベトベターを置かれて無視せざるを得なくなり、ゾロアークGXも複数立っていて巻き返せない状況になって負け。

3-2

序盤のラッキーを生かせず、2連敗してもう後が無くなる...
ルガゾロ相手は練習の時よりは上手く立ち回れてる事を実感する一方で勝ちきれないのが凹むなぁと...

6戦目 〇 ガマゲロゲEX・ゾロアークGX

相性が厳しい上後攻。ここまで全部(ry
もう対戦前に相手とネタにして笑い合うレベルにまで達してましたw(始まってからは真剣勝負だけど)

先1テテフアズサからゾロア3体並べて、シェイミで展開してウソッキーを置かれる。
ゾロアーク派生相手3連続に対して毎回ほぼ同じ流れなのつらくない()
返しにこちらもウソッキーを置いて場を展開するも、サポが途切れてテテフを2体使わざるを得ず後続のウルネクを置けず。
ウソッキーを置けていたため一撃されないのを生かし、テテフとウルネクを使いまわしてサイドレースを徐々に有利に持っていく。
オカルトマニアを使われた場面で、2体目のウルネクを置いてグズマで後ろを縛ってカプキュアーGXで手負いのウルネクを回復させて負け筋を減らす。
相手のウソッキーがかなり刺さり、常に後続のウルネクを置けない状況でしたが、カラマネロは立てられている等、最低限の盤面は出来ていたので、最後はウルネクをしっかり用意して押し切り勝ち。
ウソッキーを置けていたからゲロゲは出てこなかったけど、相手のトラッシュの中身からケアはしておくべきだったと反省。

4-2

7戦目 〇 ルカリオGX・オクタン

後攻。ここまで全部(ry
対戦前に相手とネタにして(ry

ルカリオだったので相性は有利かなと思うもタスキが不安。
お互い少し硬直気味も、テテフが前に残っていたのでウルネクで倒して返しにルカリオに倒される。
あかつきネクロで切り返して、返しで倒されずにタスキを付けてN。
グズマ引けたら勝ちで素引きしていたラッキーでした。
最後以外グズマ引けなかったのでついてたのですが、
サポ選択でシロナでなくプラターヌを選択すべきだった場面があったのは反省点でした。

5-2

8戦目 ✕ マッシブーンGX・ルガルガンGX

やっと先攻...

順当に展開は出来るも相手の場がテテフGX単でデッキが分からず。
かるいしマーイーカを前にして、後ろにもう1体マーイーカ、ウルネクに1エネで番を返す。
このかるいしマーイーカ前がまずかったかなと...
返しにイワンコを並べながらテテフにハチマキとダブル無色を付けられて倒されてしまい、返しにテテフをウルネクで返せない...
返しにブラッディアイからもう1回マーイーカをテテフに倒されてサイド2枚先行される...
ウルネクでテテフを返して後続を用意し始めるも、ビーストリングでマッシブーンGX、手張りでルガルガンGXを用意されながらデスローグGXでウルネクを倒されてかなり厳しくなる。
ディアンシーを置かれており、ルガルガンGXをウルネクでそのまま倒すと、返しにもう1回+20されてからのナックルインパクトで負けが濃厚の状況。
その状況に対して、グズマもNも使えずプラターヌで動くしかなく、さいみんじゅつで1ターンごまかす。
返しに何もされず1ターン残り、負け筋を減らすためグズマからマッシブーンをウルネクで処理。
もう1枚グズマがあったので、ターン返ってこればだったけれど...
ワンダータッチからセンパイとコウハイでツメできりさくの打点を190まで上げられて負け。
1ターン目のかるいしマーイーカ下げた方が正解だったのかという事と、あかつきネクロが最後までサイド落ちしていてアタッカーに絡められなかったのがかなり痛かった...
加えて相手の方が上手でした。
仮想敵と想定した相手に先攻取って負けてしまったのは素直に悔しいです。

5-3 で自動ドロップでした。
大会後に結果を確認すると、113位でCSP20pt入っていました。
トレーナーズリーグ含めて5大会ぶりのCSPで、20ポイント以上取れたのは今回が初だったのは素直にうれしいです。

対戦の方は、負けたものの最近の中では1番手応えを感じられるものだったり、対戦相手の方の印象が良かったりと悔しさの一方で充実した部分もあったので、当日は楽しかったです。

自動ドロップしてからは、haruくんとポパイ君の観戦兼応援。
今回は卓が近く、対戦の内容が見やすかったのはストレスなくラッキーでした。
あとはポパイ君の初楯確定の場面を見られたのが本当にうれしかった!3位入賞&Day1確定おめでとう!

名古屋は見たい対戦ほど視界から遠い位置にあってアンラッキーだったけど、今回は自分の対戦が終わってからは
素直に見る側に徹することが出来、サイドイベントでポイントを貯める暇もなく。
ただ予選の勝利賞のポイントを今回初めて(!)貰えたのでエーフィGXとマーシャドー1枚ずつ入手できました!
今回のプロモは絵違いでそこそこ実用性のあるカードなので、貰えたのは素直にうれしいですね♪


名古屋大会は苦い思い出でしたが、京都大会は対戦面も交流面も充実していて本当に楽しかったです。
また、久々に再会出来た方々、いつも仲良くして下さる方々の存在が素直にうれしかったです。

6月のジャパンチャンピオンシップスもエントリーし、交通手段と宿泊手段を確保したのでそちらに向けてまた頑張っていきたいなと思います。
次回は本当に発売直後という感じで厳しそうですが・・・笑
先ずはDay2を目指せればなと。

最後になりますが、当日お付き合いして頂いた方々、対戦して頂いた方々、有難うございました。

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

’18 3/21 チャンピオンズリーグ2018 名古屋

お久しぶりです。
情けない限りなんですが、当日の事含めここ数ヶ月間は公私問わず精神的に落ち込み気味で...
何をどこまで書いたらいいんだろうなって...

冒頭ばかり長くなっても仕方ないので、
取り敢えず当日以外のポケカ的近況も合わせて残そうかなと。


・2ndポケカ四天王決定戦(1/8)

使用デッキ;グソクダスト 5-2 21位 予選落ち

年末年始どこにも行かずな日々だったので、たまには遊びに行こうかなと思って日帰りで初めてのカードステーションへ。
開幕2連敗で目無しだったけど楽しめたから良かったのかな。。。


・トレーナーズリーグ

1月のプレ大会から約15回出て合計たったの72ポイント...
身を削って必死に足を運ぶも、5店舗連続で1没を重ねたり...
2月末の段階で心が折れて卒業出来ないままストップ...


・シティリーグ(3/4)

使用デッキ;マッシブーンルガルガン 3-4 圏外 0pt

練習する余裕無く、取り敢えず前日深夜にデッキだけ決めるダメな感じ...
デッキの扱いが下手過ぎて本当落ち込んだ...

シティリーグが終わってからは、
トレーナーズリーグに目を瞑り名古屋に向けて練習を重ねるも、
失敗ばかりな日々の中で時間が無くなり、、、
結局新弾で使いたかったカードのナッシーを前日に無理矢理形にしてデッキ登録を間に合わせて参加する事に。。。


・CL2018名古屋 (3/21)

使用デッキ;ナッシーダスト

✕ アローラキュウコンゲッコウガ
〇 メタグロス
〇 オンバーンゾロアーク
✕ マッシブーンルガルガン
✕ Uネクロズマカラマネロ

2-3で自動ドロップ...
横浜4-3、池袋5-3から急降下してポイント取れず...

当日対戦、お話し頂いた方々、有難うございました。



ひみつ日記
今ある関係の中で、誰に心中を打ち明けたらいいのか分からずにいます...
自分って周りにとって何なんだろう、、、

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

’17 11/26 チャンピオンズリーグ2018 公認大会1st②

・当日

デッキ自体は出発前にほぼ仕上がったものの、もう1枚だけゾロアークGX派生のデッキに干渉するカードを入れたいなと思うも
その場での回答を見つけられず悩んだ部分があり、迷った挙句最終的に改造ハンマーを1枚だけ入れる事に。
到着は少し遅くなり物販のプレイマットとデッキシールド買えるかなぁと思うも今回は数が用意してあったのか問題なく買えました。
当日はオープンリーグとの事もあり、大会参加者は約1100人ととても多かったです。
ただ会場は広く、ホビステのシングル物販や食事スペースもあったりして公式大会とは違う印象はありましたね。


使用;グソクムシャGX・ダストダス

やる事はダストダスを立てながらグソクムシャGXで攻めるだけの超シンプルコンセプト!
ごみなだれダストダスでさえ抜いてしまった。。。笑

1戦目 〇 ゲッコウガBREAK・スターミー

相性的にいけそうと思うも、お互いのNでサポートが止まってしまって場を作られる...
サポート事故を抜け出してからは何とかダストオキシンとグソクムシャを両立してサイドを取っていく。
ただあわの連続表から抜け出せず最後のサイドが取れない...
残り3枚残っているサーチャーを引けば勝ちなのに毎回引かないのもありずるずるとエキストラターンへ。
ただ、最後は相手が何故か自分のNで自爆してくれて勝ちを拾えました。

1-0

2戦目 〇 サーナイトGX・マシェード

相手は去年のジュニアの世界チャンピオンでした。
グソクとダストは良い感じで立つも、序盤グズマを引けず展開を許してしまう流れに。
ダストで相手の展開を止められたので優位に進めますが、終盤のアセロラ連打で残りサイド3が取り切れず...
ここで焦って相手のアセロラ連打に乗ってしまったのと、相手のとつげきチョッキとパラレルの打点計算を1ターン怠ってしまったのがミスでリソースが切れて捲られる流れになってしまう。
結局エキストラターンで取りきれず両者負け。

1-1

3戦目 〇 ルガルガンGX・ゾロアークGX・レジロックEX

相手は去年のシニアリーグの日本代表。
連敗したくはない中で少し厳しいかなとは思いながらの対戦。
相手はルガゾロでしたが、初手のレジロック、コルニからルガルガンに寄せている型なのかなという感じ。
ルガルガンGXを立ててエネ付きコソクムシを倒されますが、2体並べられたのでダストを立てながら返しにカウンター。
ダストで展開が詰まった様で動かれず、ゾロアを優先的に倒していってそのまま勝ち。
ダストオキシンを失念していたミスがあったので、恐らく時期(学年)的にあまり練習できてないのかなとちょっと思いました。

2-1

4戦目 〇 ソルガレオGX2種

序盤コスモッグを並べてからのアローラロコンのみちしるべを上手くNで流しながら動くも、
センパイとコウハイからソルガレオGXへの進化を許してしまう。
最初SM1のソルガレオGXを失念してしまっていて下手したらやばかったのですが、何とか立たず進化していないエネ付きの方から倒していく。
こだわりハチマキを減らしていたのでHP250がつらかったので抵抗があるコケコを挟んで調整して逃げ切りを図るもサイドが取り切れずエキストラターン...
運良くNが来なかったため、グズマでテテフを倒してサイドを取り切れて勝ち。
危なかった...

3-1

5戦目 〇 ギャラドス・ゾロアークGX

マッチアップ的に厳しそうで、ギャラドスに2回グソクをワンパンされたら無理だなと思ったので
そうされない様ザンクロスGXをギャラドスにしっかりと使う、ダストダスを早めに立てて展開を抑制する、コケコやオドリドリを挟む方向で行くことに。
序盤きっちりとギャラドスとゾロアークを立てられるも、こちらもグソクとダストを立ててサイドレースを始める。
コケコもオドリドリも序盤引けなかったのが痛かったですが、相手もダストで詰まってギャラドスを2体しか立てられずゾロアークGXで攻めてくる。
ただここでダブル無色エネルギーを使った事が裏目になって、ゾロアークGXの次に出てきたギャラドスをザンクロスGXで倒して相手のダブル無色エネルギーが残り1に。
パズルもスペシャルチャージも切れていて、相手はグズマを使いながらコケコで攻めてくる。
返しでコケコを倒せてリソースが切れて勝ち!
GGを分かち合いました!笑

4-1

横浜はここから2連敗の4-3で終わったので、本当に肝心なのはここからだと思いつつ6戦目に臨むも、、、

6戦目 ✕ ルガルガンGX・ゾロアークGX

相性は悪いが、一番意識していた仮想敵だけに何とか勝ちたい!
後攻スタートで相手は順当に展開する一方で、こちらは展開にあたりかるいし複数枚とブロアーをプラターヌで切らざるを得ないのがかなり痛かった...
グソクラインを先2から処理され続け、ダストも素引きのブロアーでしっかりと解除されて完全に後手に回って逃げ切られパターン。
それでも残りサイド1の所でグソクとダストを揃えて2枚目のブロアーとNを差し込む所までは行くも序盤のかるいし切りでダストオキシンが使えないのがかなり痛かった...
とりひき、プラターヌ、ブラッディアイ、ダブル無色といってサイド取り切られ負け!素直に悔しい

4-2

予選落ち確定し、もう後が無くなる...
結局前回の横浜と同じ流れなのかなぁ...と思いつつも、一矢報いたい思いで何とか立ち直り7戦目へ

7戦目 〇 グソクムシャGX・ゾロアークGX

荷物を確認すると、ダメカンとコイン等を忘れており、対戦前にジャッジにお借りする事に...
結局対戦後に受付に行くと預かって頂いてました...
当日対応して頂いたジャッジと応じて頂いた対戦相手の方に感謝です。

相手があまり動けていなかったので、プラターヌのぶった切りで動くも
先2でグソクダストの両方を完成出来て、展開止めるに成功!
その間にリードするも、序盤の巻き込みも相まって中盤こちらも詰まり...
相手のブロアーの返しにハイパーからテテフで展開しようとするも相手のウソッキーを失念していて置けない凡ミスをしてしまう...
後続のグソクを置けずに捲られ始めて下手したら負けると思うも、グズマ素引き勝ち...!
序盤リード出来ていたのが功を奏しました。

5-2

ここ取れたのは素直にうれしかった!
どうせなら6-2狙いたいと思いながら、予選最終戦へ。

8戦目 ✕ ボルケニオンEX・バクガメスGX・ホウオウGX

相手ホウオウGXスタート、後攻スタート、初手コソク、グソク、ヤブクロン、ヤブクロン、草エネ、ダブル無色エネ、ヘビーボールと
ここに来てサポ無し...
相手カキで加速から。こちらその後もサポを数ターン引けず...
サイドレースで追いつくためザンクロスGXをホウオウGXに当ててグズマされない祈りも、
3枚目のテテフからグズマで返されてそのままずるずるとサイド残り1まで...
ギリギリの所でNを引いて使うも、相手2エネ付きバクガメスGXベンチで待機。
ハイパーからダストを立てるかテテフを置くかでしか出来ず、迷って前者を選択して返しプラターヌから普通にエネ引かれて負け。
テテフ出して壁にするのが正解だったかなぁと思うのですが、
この状況で絡めたい2枚目のテテフ、オドリドリ、コケコが全てサイドに行ってた時点で勝ち筋無かったかなぁと...


最終リザルト5-3の189位/1123人、CSP15でフィニッシュでした。

その後は観戦・応援メインでしたが、
予想通り当日は終始対戦BGMが無いし淡々と対戦をこなし続ける感じがして、、、
あまり盛り上がらなかったのが素直に残念だったかなぁと...
フィーチャー卓もその前の観覧卓もあったけど、モニターの実況の音声が無くて画面見るだけだし。。。
ジャッジの対応も固めに感じて、ガチガチの競技という雰囲気でした、、、

そんな中観戦ばかりしていてもテンションが乗らなかったので、サイドイベントに行くことに。

対戦の方は2戦して1勝1敗。気が抜けていたとはいえまだまだだなぁと...

他にもスタンプラリーや早押しクイズなんかにも参加して、開き直ったかの様にエンジョイぶりを発揮していました笑
キャリアだけは長いからクイズ行けるかなと思ったけど、周回プレイしているツワモノさんに分からされました汗

1日通して、大会自体や参加者との交流は楽しかったけど、
ただその一方で、イベントとしては横浜大会以上に心に残るものが無かった事が少し悲しいなぁと...
公認大会は初めての試みなので次回もこのような企画があったら出るとは思いますが、
何度も出て今回と同じ雰囲気のイベントであり続けるのであれば、出ない勇気を持つことももしかしたら必要なのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日の入賞デッキはマッシブーンダスト、ニンフィア、行進ゾロアーク、ゲロゲゾロアークと行進ゾロアーク以外は
正直全然意識していないデッキで結果的に一番意識していたルガゾロは8止まりでした。
大会前の時点でゲロゲゾロアークに対する認識は甘かったので、そこは反省点だったと思います。

現環境の認識としては、トップメタがほぼ明確な一方で対策が難しくプレイングがシビアで正直苦手な環境でした。
そんな中グソクダストを自分なりに選択して今大会に臨めた事は素直に良かったです。
勝てなくなった頃から気付いたら即興構築ばかり使っては苦い思いばかりでしたが、不思議と懐かしい感覚がしました。
デッキの反省点としては、改ハンは入れるなら0か2だった事と、ボールかサポはもう1枚欲しかったです。

結果としては、横浜大会の時よりも〇の数を1個増やす事が出来、僅かではありますが成長を感じる事が出来ました。
当日は上手くできなかった部分もあったけど、使っていて楽しかったです。
結局使えなかったけど、1番回したデッキがルガゾロだったので食わず嫌いせず頑張って良かったな、とも思います。

大会の1週間前。
最近特に仲良くして頂いている大切な人に、本番までに少しでも成長していたいと伝えました。

だから、横浜大会と同じく4-2で迎えた7戦目を取れた時は本当に嬉しかった...
当日は周りの前では平静を保っていたし、その人に成績を伝える時も謙遜気味でしたが、
僅かな成長でもそれを感じずにいられない事にひたすら幸福感を感じました。

出来たらまたクライマックスに上がりたいのが本音ですが、
次の目標としては、先ずボーダーラインと同程度の成績を出す事を目指したいです。


最近は忙しいですが、新弾も出たし、久々に羽を伸ばしたいという思いから来週の第2回四天王決定戦も参加予定なので、
新しいカードでデッキを組みながら引き続きポケカしていこうかなと思っています。

遅くなりましてごめんなさいですが、
当日お付き合いして頂いた方々、対戦して頂いた方々、有難うございました。
今年お世話になりました方々、有難うございました^^*!
みなさま、良いお年を!! 来年もよろしくお願いします。

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

’17 11/26 チャンピオンズリーグ2018 公認大会1st①

1ヶ月前の事なので、もう殆ど覚えてないと思いますが...

大会が終わってから日常がかなり忙しく、更新が年内ギリギリとかなり遅れてしまいました...
12月は多忙で大変でしたが、年末の連休に入り少しずつですが気力を取り戻しつつある日々です。
新弾は買ったものの全くデッキを組めていない状態なので、この日記を更新したら色々組んで触って行こうかなと思います。
書き出すとキリがないのですが、今回は当日までの進捗を残そうと思います。

・横浜大会が終わってから

横浜大会の入賞デッキレシピが公開されてから、トップメタをルガゾロと行進と決めてその2つを中心に回していました。
そして、ルガゾロに後攻前提で5割取れるデッキをテストプレイの中で探していきました。
結果から言うと、自力では公認大会1stまでにそのデッキを見つける事が出来ませんでした。
何を使ってもというと、試せてないデッキタイプはあったのですが大抵のデッキに対してルガゾロが勝ち越してしまう。
勝てると思ったデッキでも意外と勝てずに心が折れたりもして、ルガゾロを使う側に回ろうかとも考えました。

ただルガゾロを回すのが得意でなく、苦手なデッキを知りたいのもあって自主大会等の外での対戦機会ではルガゾロを中心に使っていました。
肝心の自主大会の結果はわずか2割...
立ち回りミスもありましたが、主に公式大会当日に最も当たるであろうミラーが致命的に苦手な事が分かりました。
相手は先1アズサからスムーズに展開出来ているのに、こちらはgdgdとか、後攻から捲れないとか...

こんな状況でルガゾロを使うのは厳しいと考え、別のデッキを探すものの時間も考えも足りないまま...
実力不足を痛いぐらいに分からされた中、苦渋の選択としてグソクダストを候補に上げました。
ルガゾロに対して後攻前提で勝率は良くなかったのですが、ゾロアークGXの特性を止められるダストオキシンに可能性を感じたのと、デッキコンセプトが明確で迷走している中でシンプルなデッキを使うのは悪くないだろうと思いました。

グソクダストを候補に決めたのは、シティリーグ1日前。翌日の朝に微調整して試すことに。
結果は4-3で負けが全部ゾロアーク派生...

不慣れによるミスもあったのですが、
展開負けや詰まりから逃げ切られるパターンや、カードパワーで追いつかれる事が多かった気がします。
ただデッキの感触は悪くなかったので当日持ち込む事はほぼ確定。
ポケカ以外も迷走していた時期だったので、デッキをとにかく自分らしく!よりシンプルにして確実な展開を目指す事を大切にしました。
具体的に言うと、

・ドローサポートを厚めにする
・アズサを不採用としてボールを厚めにする
(カプ・テテフGXを経由しないと使いにくく不安定で、それを取られて負けにつながりやすい、デスローグGXの打点が上がりやすいため)
・ポケモンを最低限にしてデスローグGXorマインドジャック(+ターゲットホイッスル)のケア

この3点を重視し、グソクムシャとダストダスを両方確実に立てる事を目指しました。
それ以外にゾロアークGX派生に対して意識したプレイは、
出来る限りアーマープレスを使えるようエネをしっかりつける、ベンチを最低限に絞る、終盤フィールドブロアー/N/ダストオキシンで干渉する、ダストは可能なら早めに立てる

他にもあったと思いますが、思い出せる範囲でこれぐらいの事を意識しました。
結局ゾロアーク派生に勝ち越すには至らなかったものの、出発直前では若干勝率を上げる事が出来たのでその手応えを信じて本番に臨むことにしました。

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他