’16 11/6 第26回関西ネクストジェネレーションカップ BXR予選

いつもながらの備忘録笑

公式以外のレポを上げるのは久々かもしれません。
とは言っても権利にはかすりもしない成績だったんですけどね笑

愛知大会が終わってからは翌週カード触れず、気づいたらギラティナプロモが出ていたり。
昨日の16時頃になってやっとカードの練習に戻れました。


BXRは正直そこまで気が乗らなかったのですが、何となく出て終わらせるのが良くないのは経験則からあったので前日1日の数時間とはいえカードはしっかり触りました。

全然カードを触れていなかったので、デッキは使い慣れと構築がある程度自分の中で固められているオーロットで決定
ギラティナが悩ましいのと、愛知で結果を出したデッキなので当日は確実に対策されると思いましたが、中途半端なデッキで出るよりは良いかなと。

関西のプレイヤーは環境の中心にあるデッキを構築でなくデッキそのものとして対策してくるとの予想があったので、WTBやダークライは多そうだと思いました。

早速ギラティナ入りWTBを練習に充てましたが、あまりにも勝てなさ過ぎてこの時点で心が折れる・・・
最初に充てるデッキとしてはハードルが高過ぎたのか、結局このデッキとしか調整は出来ず。

当日の朝にキュウコンタッチ等で試したりスタジアムをサイレントラボオンリーにしてみたり検討はしてみたのですが、上手くいかず時間切れ。

結局愛知大会で使ったデッキの数枚差し替えで結局WTB見れてるのかははっきりは言えないけど回しやすさだけ残して出ることにしました。
デッキを作った本人が扱いきれなかったり尖らせすぎて事故るというのが1番後悔残るので・・・


使用デッキ;オーロットシェイミ

1戦目 〇 ジガルデEX・ルカリオEX・メレシーBREAK(レオンさん)

レオンさんには新潟大会前々日に練習にお付き合い頂いたのですが、全く勝てずだったので初戦から厳しいな、と。
後攻でオーロットを確実に立てて、無理せず確実に場を整えてバトル場のジガルデのエネを無くす。
相手の引きが良くなかったのもあり、押し切ることが出来ました。


2戦目 ✕ ジガルデEX・メレシーBREAK・ラフレシア

ボクレースタートで先1ラフレシアでも何とかなる手札でしたが、後攻スタートからの相手のNでドローサポートを引けず。
相手の手札処理ミスでラフレシアは立ちませんでしたが、そんなの関係なく一向にドローサポートを引けず1体倒されて負け。


3戦目 〇 ゲッコウガBREAK・スターミー(ヤギさん)

先攻取ってミツルが決まるところから。
ロックが決まり順当に展開しますが、ベンチのボクレーをピンポイントでフラダリされて攻めが遅れ、かつ素引きでゲコガシラと水を揃えられてみずぶんしんを許してしまいます。
オーロットBREAKを立ててベンチのヒトデマンを落とした返しにエリトレを撃たれ、これが刺さった上素引きでゲッコウガとゲッコウガBREAKも揃えられて若干雲行きが怪しい感じに。
この対戦はエネを引かれなかった場面が1回ありそこが大きかったと思う、
詰まった手札からも最低限の動きを確実にして大海ケアでウッドスラムで攻める。
あわを決められて若干止まりましたが、決定的な動きをされずあわを決められなかった返しで倒したね切れ勝ち。

4戦目 〇 WTB

絶対数が多いからどこかで踏むとは思いましたがここで踏んでしまいました。
ゲロゲのエネをしたっぱで確実に消し続けてスタジアム後出しで大海を場に残させず。
フリーザーに数ターン止められますが、盤面は押さえきれたので止められなかった場面で着実にばらまき続ける、
マナフィ、シェイミ、ゲロゲ倒して勝ち
要所でカードを引けた気がするけど、前日練習しておいて本当に良かったと思った。


5戦目 〇 MサーナイトEX・シェイミEX・フーパEX

練習できていないマッチアップで相性的に厳しいなと思いつつ。
満タンが厳しく感じたので、フラダリでグッズロックを解除させない様に場を作ることと、
谷をラボで割ってサーナイトのエネを場から消して攻めるプランを意識しました。


先攻取ってミツルが決まるところから。
その点は良かったのですが、オーロットBREAKを2体立てるものの自分のNで事故ってしまいます。
その上超エネが引けずにオカルトマニア経由で2体のソウルリンク付きMサーナイトをベンチに控えられて厳しい感じに。
攻め急ごうとした挙句次元の谷を自分から貼ってしまったのも立ち回りミスで、バトル場のシェイミを逃がされたら厳しかったのですが、相手もプラターヌ2連打でまさかのエネを引けない僥倖。
超エネだけは引けて相手が止まってる間に事故を脱出し、サイレントフィアーを3回決めてベンチのサーナイトのエネをクラハンで割ることに成功。
何とかなりそうかなと思いましたがAZで回収されてサーナイト以外にばらまいたダメージはチャラに。
ただサーナイトにはダメカンを蓄積できていたので、エネを場から消しつつ終盤サイレントラボでスタジアムを固定出来てサーナイトが攻撃できなくなり勝つことが出来ました。


何とか4-1でオポギリギリでの3/4→1/2じゃんけんを制して予選10位通過での決勝Tでした。
オーロットでは厳しい環境と覚悟の上で相性、展開的に綱渡り的な勝ちを決め続けてかつ1年ぶりのトーナメントだったので素直に嬉しかったです。


決勝T

デッキはそのまま。チェンジは出来たのですが他に都合良いのが無かったから・・・汗

1戦目 ✕ MタブンネEX・ドータクンetc(かっちょくん)

初手が弱く、事故を何とかハイパーからのシェイミで回避しようとしましたがドローサポ、したっぱ、ハンマーいずれも引けず。
事故はしばらく継続し初手のボクレーをオーロットにしてギリギリの所で耐え続けますが、場を展開されてベンチにマギアナEX、ドータクンと2体目のMタブンネと鋼エネを場にしっかりと用意される辛い流れに。
事故を脱出してからはドータクンを縛るも、オーロットBREAKをトラッシュに2、サイドに1、トラッシュに釣り竿1を流してしまいBREAKを立てられません。
2枚目の釣り竿とサイレントラボを引こうとして、ばらまきを試みるも釣り竿を一向に引けず。
序盤のディスアドバンテージと動揺でプレイングがグダグダになり挙句の果てには場にBREAKがいないのにサイレントフィアーを宣言してしまうというもう情けないぐらいに致命的な感じ...
ゲームプランと勝ち筋を正確に図ることが出来ず、Mタブンネに押し切られて負け。
知り合いとはいえ終始ダメな感じで相手には本当に申し訳なかったと思う...


BXR予選は結果ベスト16で終わりました。
やっぱり負けてしまうと悔しいですね、自分の下手さも含めて・・・

個人的な全盛期で始めたての頃はあっさりとトップ通過出来ていた関ジェネも、今となっては予選上がるのこんな難しかったんだなと思ったり、オーロットの限界を感じたりと色々と巡りましたね。。。


ショック気味ではありますが、公式、自主大会共に本当少しずつながらも成績は去年の低迷期と比べて上がり始めてはきたのかなという気がしたのも事実なので、また頑張ります。


春から使ってきたオーロット。
正直そこまで好きではないし、公式では結局クライマックスには進めなかったけれど・・・
今日も事故が少なからずあったものの1年ぶりの決勝Tまで上げてくれたのには素直に感謝です、本当にありがとう
スポンサーサイト

テーマ : 自主大会 - ジャンル : その他