スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~'17 4/1 チャンピオンズリーグ宮城までの経緯

レポを書き始めるのがかなり遅くなりました。
先々週は当日新幹線+終電帰りに相まって休日出勤だったり、先週は1日練習会+買い物+大会当日のアーカイブ観賞なんかをしているとあっという間に終わってレポを書く時間を取れませんでした。
週末には新弾も出るし、まだ残りの会場の交通手段等を確保出来ていないので取り敢えず書ける内に書いておきます。


正直な所自身の結果は奮わず、あまりいい思い出にはならなかったので複雑な思いはあるのですが、、、
当日に至るまでの経緯から当日まで覚えている限りで書いていこうと思います。
(もう殆ど覚えてない気もします。。。)

・当日まで

宮城大会の詳細が発表された時、3人チームという事で、どうしようかなと悩みました。
何とかなるという慢心がありながらも、自分自身大した実績も実力も無く関西という土地的に一緒に組める相手を探しづらかったのです。
これまで本格的にポケカを数年やってきて知り合いは出来たり出来なかったりですが、そもそも連絡先を知らない人が多く誰に声を掛けたらいいかさえ分からない...
組む相手を探すという意味では、Twitterをやっていない事も痛かったです。
個人的に一番好意的なお付き合いが出来ていると思っていたのが福岡のプレイヤーだったので声を掛けてはみたものの一緒に組もうとの返事は得られず...
まあ都合が合わないのは仕方ないかなと思ってはみたものの、諦めモードな自分に対して色々な形で助言をくれました。
宮城大会に出れたきっかけの1つとしてはその事が大きかったかもしれません。

取り敢えず連絡先を知っているプレイヤー(LINEですが)にダメ元でいいから出来る限り声を掛けてみました。
登録している人は殆どが他のチームに属しておりかつ関西外のプレイヤーで、予想通りの返事ばかりが返ってきてただただ不安に...
そんな中で何とか大学時代に特にお世話になっていた青学のSPSサークルのスープさんと一緒に組むことになり、残りの1名を探して貰った結果同サークルのメンバーであるからなべさんと組む事になりました。
スープさんには取り敢えずLINEを聞いておくぐらいのノリだったので、ここで登録しておいて本当に良かったと思いました笑
からなべさんとは面識は無かったのですが、取り敢えずこれで3人グループは完成、エントリー開始日直前だったと思います。

エントリー開始日になり記入フォームを見てみると、チーム名が必要との事でどうしようかなと。
3人で意見交換をしようと思い積極的に発言はしてみるものの事が前に進まないばかり...
誰かが何かをしないとどうにもならない事は目に見えていたので、自分自身にネーミングセンスが無い事を自覚しながらもチーム名の案として、全員のHNを合わせた「アスカラスープ」を提案しました。
自分でもよく分からなかったのですが、お二方とも難なく同意という事でこのチーム名で即採用に。
ちなみに他の案は1つも出ませんでした...
エリート、ベテラン、ホープの位置ですが、相手に合わせて変えられずどこでも良くない?という感じで決まりそうになかったのでチーム名の並び通りに決めて応募を出しました。
応募の結果としては嬉しくも当選で、宮城大会0回戦突破。
まあ外れてても応募した時点で既に宿泊先も交通手段も確保してたので行ったんですけどね(

ここまでを見て、そこまでして宮城大会に出たい?と聞かれても可笑しくないのですが、出たかったです。
結局の所公式に出ることが好きなので...


新弾が発売してからは、デッキの検討をする事にしました。
本来ならチームで意見交換をしながら決める様に思いますが、応募までの時点でそういった空気になりにくいだろうなと思い個人でデッキを組んで回すことにしました。

新弾が出てから作ったデッキは以下の3つでした。

・オーロットBREAK・カプ・テテフGX
・エーフィGX・ダストダス
・WTB

組んだ理由としては、環境初期の時点で取り敢えず組み出すにあたり「分かりやすい」から。
テテフで思いつくのはミツルオーロットだと思ったし、エーフィダストは早い段階から使われ出して数も多かったこと、WTBは形は定まってはないもののアクアパッチがBW当時の悪デッキと同じような動きが出来ることを考えると弱い訳がないと思ったからです。

環境としてはとにかく発売直後の環境ではエーフィダストが多かったので、自分なりに多く時間を割いて検討しました。
回してはみて個人的に完成度は高く作れたものの、SM1+までの前環境のゲロジュナほどのデッキパワーが無く、負ける事も多くどうしてこれが多いのかが分からなかったです。
ただ絶対数としては多いから強いんだろうな、という固定観念が抜けませんでした。
環境に数が多い以上対策されるのは目に見えていたので、迷ったもののエーフィダストは選択するには至りませんでした。

結果的にはエーフィダストに固執した事が失敗で、宮城のデッキ選択は迷走しっぱなしでした。
一言で言いきってしまうと、デッキタイプが多い上エーフィダストが流行している以外についてはメタについてはまるで分からなかったのです。
エーフィダストに固執し過ぎず、デッキももう少し作るべきでした。

上記3つのデッキ以外に触ったデッキはMサーナイトぐらいで、それも候補ではありましたが大阪入賞のkomaさんデッキレシピからどこを弄ればいいかまるで分からずどこかモヤモヤした感覚がありました。

そんなこんなで時間が間に合わず前々日にバスで宮城へ出発することに。
出発している最中にふとバクガメス入りのボルケニオンが多いんじゃないかと気になりだしたり、環境的に行進が強いんじゃないか等よりによって当日持参していない上触ってもいないデッキがひたすらに気になり始め、ますます何を使えばいいのか分からない状態...

宮城に前日入りするもデッキが決まらない事に落ち込んでばかり。
ただ時間は限られていてどこかで決めないと行けない。
また、一番怖かったのが当日一緒に参加するチームメンバーに迷惑を掛けられない事。
個人戦でなく団体戦なので、自分が扱いきれないデッキを選択した結果首を絞めるような感じで負けるというのは避けたかったです。
そういう意味では使い慣れのあるデッキを選択しようという思いがあり、調整もそれなりにしたオーロットで出ようかなとも思いましたが、結局の所テテフが出た所でデッキパワーの伸びしろが低い上苦手なデッキが増えている事、何より安定しない事から諦め...
使っても良かったのですがリスク高過ぎるかなと。。。

色々迷った結果、宮城で使うデッキは「白レック」に決めました。
出発前日にボルケニオンに勝てるデッキを選択したいという思いが消せず、Mサーナイトに対しても有利を取れるのでそういう意味ではこのデッキに居場所はあると思いました。
デッキが決まったのは前日の19時か20時ぐらいで、今シーズンほぼ回せてないのもあり寝るまでの僅かな時間を使って1人回しを集中して取り組みました。
SM2が出たものの入れたカードはレスキュータンカだけで構築はあまり弄れず。
今だから思うこととしては、マオ、マーマネ、カプ・テテフGXの採用は検討すべきだったと反省しています。

個人的にはエーフィダストに勝てるデッキを選択したかったのですが、勝てないデッキを選択してしまいました。
ダストだけならまだ何とかなるにしてもサンダースとの合わせが無理過ぎて頑張っても4-6負けのパターンが多く、当日上位卓に行って当たらない事を願うばかりでした。

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。