スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキレシピ トルネロステラキオン

勝率は75%くらいでしょうか。微事故が多かったですが、スペックが高かったのでサイドを先行されても巻き返せる事は少なくなかったです。


ポケモン 7

4 トルネロス(BW1)
3 テラキオン(BW2)

エネルギー 14

10 闘
4  ダブル無色エネルギー

トレサポ 39 (14+25)

4 オーキド博士の新理論(L1HG)
3 アララギ博士(BW1)
3 ジャッジマン
2 モノマネむすめ(L1SS)
1 チェレン(BW1)
1 ポケギア(L1SS)

4 ポケモンキャッチャー
4 しんかのきせき(BW2)
3 デュアルボール
3 プラスパワー
3 ポケモンいれかえ
3 ジャンクアーム(L3)
2 ディフェンダー(L2)
1 ロストリムーバー(プロモ)
1 エネルギーつけかえ(L1HG)
1 すごいつりざお(BW2)


【解説】


強いのはゼクロム、ジバコイル、キュレム系です。
弱いのはグッズロック系でゴチランや不信には勝てません。

レシバクにも一応五分五分の勝率を出しています。しんどいけど…

やる事はトルネロスからテラキオンに繋いで80~90Dで攻めながら競り勝ちを狙う事です。
比較的このコンセプトは初手によって崩れる事が多いですが・・・

ドンファンと比べると速攻が決まりにくい(40%くらいを目安にしてください)
ので、若干中速型で競り勝ちを狙う方向を狙う事も多いです。

ヤンマとの違いは、手札を合わせる必要がないのでグッズが使い易く、奇跡が流行っている現環境では、10高い打点を出せる事にあります。
HP110~130に奇跡を貼った時の耐久を考えると結局の所2発で倒し易い80以上の打点は優秀です。


しっかりエネを貼って余程事故らなければ競り勝ちを十分狙えます。

回ったときの強さは相当だと思います。



・トルネロス

コンセプト上初手に引きたい方。
奇跡とディフェンダーを併用すれば3発耐えるレベルまで持ち込めます。
デッキの性質上ぼうふうで後続に繋ぐ戦いが生きやすいです。

・テラキオン


初手に来て欲しくないですが、来たら諦めます(何
2枚貼れれば一応30ダメージ出せますし、小さいのから倒していくのもアリ。
プラパを併用すればHP130族もちゃんと2発で落とせます。

デッキのコンセプト上2投にしたいのですが、引けずにトルネ単になってしまうとゼクロム派生に負けてしまうので、3投というジレンマ(笑)

高耐久とカウンターが売りのカード。奇跡ゼクロムやジバコイルを1発で倒せるのは優秀。
出すタイミングを考える必要があるのでドンファンの様に並べにくいという所が欠点です。
弱点も付かれにくく、奇跡を貼ればほぼ1撃で落とされません。
欠点は縛りに弱い事です(笑)


ドンファンと比べると

・場に出した時のHPに大きな差
・種なのでスペースを取らない(アララギも撃ち易い)
・ダブル無色をつけても一応技が打てる
・中盤以降に90Dを連続で撃てる
・速攻はできない反面、ベンチの耐久が落ちない
・キュレムに強い
・現環境で弱点を付かれにくい(ヤンマでも奇跡貼れば大丈夫だと思います)


等が上げられます。


グッズ

好みによると思います。
ここはトルドンと似たような感じかな?どちらにも奇跡が貼れるのが強いです。
多めのグッズで少数のポケモンをサポート。

・ポケモンキャッチャー

エンジンを狩ったり縛ったり小物を狩ったり。
なるべくテンポを崩したくないですし、コンセプト上、4積。

・ポケモンいれかえ

縛り対策ですが、最悪2積でいいかもしれません。

・進化の奇跡

どちらかというと早目に貼りたいので4積。

・ディフェンダー

場持ちを長くして競り勝ちを狙える大事な2枚。

・ロストリムーバー

対象は主にトルネロスとコバルオンです。
本当は2積したい。


サポート

グッズ多めですが、ポケギアと合わせて14枚と割と多めに入れています。


エネルギー

毎ターン貼りたいのでこの枚数ですが、終盤に引き過ぎる事が目立つので、少し調整してもいいかもしれません。


サイドボード

アーケオス(BW2)
マニューラ(L2)
バルキー(L1SS)
エネルギー交換装置(L2)

スポンサーサイト

テーマ : デッキレシピ - ジャンル : その他

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。