スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルカーニバル2012オータム 大阪大会使用デッキ

大阪大会で使ったミュウツーEX・ランドロスEX(BW1~BW7)を備忘録として上げておきます。



3 ミュウツーEX(BW3)
3 ランドロスEX(BW6)
1 トルネロス(BW1)
1 テラキオン(BW2)
1 バッフロン(BW5)

12

8 闘エネルギー
4 ダブル無色エネルギー

14

4 N
4 アララギ博士
2 ベル
2 チェレン
2 フウロ

25

4 ポケモンキャッチャー
4 どくさいみん光線
4 ポケモンいれかえ
3 エネルギーつけかえ
2 ハイパーボール
2 まんたんのくすり
2 タチワキシティジム(BW6)
2 しんかのきせき
1 スクランブルスイッチ(BW6) AS
1 ツールスクラッパー

春はシビビールを使っていたのですが、事故や1キルを出来るだけ避けたい思いが強く、今回はたねビートを
使用する事に決めていました。
スプリングではプレミアステージには行けても事故をして一方的なペースに持ち込まれて負け、というパターンに耐えられなかったのでたとえ負けたとしても善戦はしたく思ったのが一番強く感じた事でした。
実際たね事故で2キルで終わったのですがこれは仕方ないなと、色々と甘かったです。

シンプルに環境に強いランドロスEXを中心としたデッキにしました。
例え事故を起こしても最低限のカードさえ引けば何とかなる、と自分の中で割り切れた所は良かったです。
あとランドロスEXを選んだもう1つの理由としてはレックビールにだけは負けたくなかったから。
実際展開させたら負けなんですが、ぶん回ると一番面倒なデッキだと思っていたので…

個人的に詰めたつもりだったんですが、環境的にカードのチョイスとしては失敗だったかなぁと。
ランドロスEXと共にミュウツーEXを軸に置いたんですが、中々思うように使えずカウンターを決めるのに必要なパーツが噛み合わなかったり、エネルギー加速がないのもあってダメージがそれほど出ずに練習でも本番でもあまり使わずジャマになる事が多かったのが痛かったです。
トルネロスはトルネランドのミラーでは倒され易いので使い勝手としては微妙だったかなぁと。
トルツーの動きに要所で切り替えられるのは好きだったんですが惜しかったなぁと…

環境に多い同系のデッキとして、トルネロスEXを軸にしたトルネランドがありますが、個人的にトルネロスEXがどうしても好きになれず、候補から外していました。
引きが噛み合わなかった時の弱さや息切れを助長してしまう印象が強かったんです。
後は単体で戦うカードだと思っていたので、トルネランドというのに脳筋の印象が拭えなかった。

ただ実際使ってみたら、相手のランドロスEXのダメージを受けられたり、タチワキシティジム、どくさいみん光線と合わせた時のダメージや速効性など、確実に強さとしては上がっているなと思いました、シビビール派生が減ったので弱点を付かれにくくなったのも追い風なのかもしれませんね。
東京の2日目では2枚のミュウツーEXをトルネロスEXに差し替えただけですが、悪くはなかったですね。

使い込んだ割には残念な結果に終わってしまったのが心残りですが、また次に繋がる事だと信じます。
スポンサーサイト

テーマ : デッキレシピ - ジャンル : その他

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。