新潟大会終了後~愛知大会前日までのポケカ

無駄に長くなってしまったので当日の事とは分けて書いていきます。
本人の心中としては、大会が終わりほっとしている一方で当日結果を出せなかった悔しさがあります。


・前日まで


新潟大会が終わってから愛知大会までは2週間の猶予がありましたが、思う程カードを触れずでした。
そんな中で先ず、真っ先に触り始めたのがオーロットデッキでした。

端的に言うとこのデッキが環境上位に食い込んでくるとは思えず、今シーズンはノータッチだったので使うにしろ使わないにしろ愛知大会ではオーロットを意識する事を重要視していました。
ちなみにテストに充てたのは、準優勝のソーナンス入りの型でなく関東の上位層が多く使用していたであろうハンマー型でした。


余り時間が無い中で出来る限り調整と検討を試みた、対メタデッキの相性は以下の通りです。
(個人的考えになるので若干のズレはあるのかもしれませんが)


VS 白レック:不利 Wボルケニオンシェイミ:有利 ゲッコウガ:有利 ダークギラティナ:不利 ゼルネギラティナ:微不利


これ以外については今回は試せませんでした。
新潟大会では白レックでオーロットに先1ミツルから巻き返せず負けましたが、帰ってから数戦やると先1ミツルされる以外はレックウザ側が殆ど勝てて、尚更悔しい気持ちになりました。

ただ、デッキによらず相性が不利だろうと先1ミツルからそのまま勝つパターンがあったので改めてこのデッキの存在価値を感じさせられました。。。



あとは、新潟から愛知大会までの2週間で1回は実戦の場に出ておかないとという思いに狩られ、枠ギリギリで滋賀の自主大会BPGに参加。


この時は本番特に使いたいデッキも無く、というか白レックしかデッキが無い感じであやふやなままの参加に。
候補は作りかけのライボダストと、個人的に低評価だけど環境的な立ち位置としては悪くはないであろうジガルデラフレシアの2択という・・・

ジガルデラフレシアは最悪本番で使ってもいいかなぁという思いがありましたが、本番でいきなり使って失敗して後悔するよりは予め事前にやって感覚を掴んでおいた方が気持ち的に良いだろうと感じジガルデラフレシアを使うことに。


結果2勝3敗予選落ち。
2勝ともラフレシア以前に相手の事故によるラッキー勝ち。
3敗の内訳は遠征参加されていたま・つ父さんのボルケニオンスターミーにデッキパワーで押され負け、多色ライボルトとカエンジシに時間切れとその焦りによるミスで負け。

事前に組んだことがあるとはいえほぼ即興デッキだから仕方ないかなとは思いましたが、個人的にエネの付け方が下手だった事、そもそもラフレシアが1ターン目に立たない事、に加えてま・つ父さんのボルケニオンスターミーのデッキパワーとの差を感じて検討する間も無くジガルデラフレシアは候補から遠ざかる事になりました。
ボルケニオンはスターミー入りの型を触っていなかったのですが、灼熱の大地との合わせが想像以上に強く、エネ回りが安定する事に衝撃を受けたのを覚えています。

また、当日優勝したWTBを見て、もしかしたらこのデッキが出てくる事を意識しなければならないという思いが徐々に強くなっていきました。
結局WTB自体は回せないどころか組まずに終わってしまったのですが、今シーズンの使用候補に入れても悪くないデッキだとは思っています。


BPGが終わってからは、何とかしないとなとは思うも殆どカードを触れず・・・
当日はボルケニオンスターミーとWTBに対する認識を強くする事が出来たのは良かったのですが、そもそも当人のデッキが曖昧過ぎたまま出たのが良くなかった。

自主大会は実戦の場としては良い環境を用意して頂いているので不満も文句もないのですが、個人としては大会直前かつ準備が不十分なままの状態で今回は参加するべきでは無かったかなと。

自分が悪いのですが、結構あの1日を個人練習に充てられなかったのは痛かった・・・


そこからは前日までほぼカード触れず、オーロット以外も触りたかったのですが結局時間が無くまた白レックかなぁ・・・と感じていました。
頭の中では別の候補もあったのですが、そもそも触れていないのでは不安でしかなくて(笑)


・前日

新潟終わってから結局オーロットしか回せていないしそもそも今週デッキ自体殆ど触れておらず・・・
デッキの種類は多いし、頭の中にはあったけど出来なかった事ばかりで・・・。

徐々にこれまでのやる気も落ちていき、全然集中出来ませんでした。
愛知大会自体も前日入りするか当日入りするかを2日前に決めるぐらいの気持ちでした。
到着時間については、出発日に決める始末・・・
愛知自体は大阪からだと距離的には近いので、かえって移動手段や時間については今回は放棄気味でしたね。。。


前日に触っていたデッキとしては、ネタかと思われるかもしれませんがメガチルタリスダスト。
これまでの話はどこへ行ったという感じですが、端的に言うと構想だけは頭の中にあって使いたかったから(笑)
あとはテキストを知らない人に対して初見殺しが出来ること(笑)

やってる事がライボルトと似ているのでデッキ的に得意な感じだとも思っていました。
エネ加速はないですが、ライボルトより打点が高いのも注目していました。

使用率が少ないカードなのでデッキについて説明しておくと、弱点がメジャーでない鋼である事と技が大海を内蔵している様な感じで、フェアリードロップも当てながらパラレルを置いてダストを合わせればいい感じじゃないかと思いましたが、テストプレイの時点でオーロットに全然勝てなかった。
メガホン、クセロシキ無しのボルケニオンにも予想以上に勝てず、スペースがギリギリ過ぎることと事故にも弱い感じがして結局当日使うには至れませんでした。綺麗に回ると楽しいんですけどね。。。

ポケカ難しいなと思いました・・・
強いて言うなら春の時点でメガライボルトとダストダスを合わせている人数人が当日事故負けしている様子をDNで見たりしましたが、この点について何となく納得出来た点は収穫かなぁとは思いました。

そんな急造デッキをカードジムにも出ず、集中も出来ないまま回していてるとあっという間に時間が経って行って、取り敢えず名古屋へ移動することに。。。


まだ書いていませんでしたが、同週行われたニコファーレでの20周年カウントダウンイベントにほぼ日帰りみたいな感じで東京に行っており帰ってから風邪っぽい感じになっていました。
どうせすぐ治るだろうと思ったのですが意外に引きずってしまい、前日は鼻水とくしゃみが酷く・・・
これも集中出来ない要因なんだろうなと思いましたが、前日の時点で流石にやばく感じ、名古屋に着いてから現地で風邪薬を買うことに。


デッキも決まらず、ポケカ人生で恐らく今まで無かった前日の風邪も相まって精神状態は最悪だったと思っています。
白レックは続投する事だけ決めてはいたものの勝てる気もせず。

そんな絶望的な状況の中、既に愛知に着いているharuくんに相談した結果、新潟が終わってから使っていたオーロットも使うことに決めました。
この意見を貰えたのは本当に有り難かった。
オーロットはカメックスメガバトル、オフシーズンの9月にも少し使っていた事もあり、折角これまで触ってきたのだから使おうかなという気持ちになれたのは良かったのかなと思いました。


名古屋に着いたのは遅かったので、さっさと寝ればいいものを懲りずにデッキを回しているとまさかのカードを1枚無くす悲劇にも見舞われたり、傘を無くしたりと良くない事続きで個人的にも失敗フラグしか立たないと思えるぐらいの本番前とは思えない過ごし方でした。
ちなみに無くしたカードはCP4のプラターヌで何とかセーフ(?)
デッキにはサーチャーUR、ポストUR、シェイミEXSRなども入れてたので割と焦りました・・・


前日までにあった事を殆ど書いたので、前置きはやたらと長くなりましたが、こんな感じです。
駄文ばかりで拙い感じですが、書きたい事は全て書いたのでいいかなと思っています・・・

何かもう突っ込み所満載だし反省する要素ばかりな気がするけど・・・
愛知大会が終わった今は取り敢えずほっとしています。
いろんな意味で(汗)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する