’17 2/18 チャンピオンズリーグ大阪 Day1

BO3形式ということもあり、記録が長くなってしまう気しかしない...(前置き
春シーズン1会場目の大阪会場に参加してきました。

・1日目

事前応募制との事もありいつもよりゆっくり出発、
というよりは前日ギリギリまで調整していたので起きる時間が遅くなっただけなんですが汗

会場はバトルカーニバル2011以来約5年ぶりぐらいのマイドームおおさか。
実は当時初めてちゃんとした60枚のデッキを作って参加した公式大会でそこから今に至るんですよね。懐かしい・・・

8時半ぐらいに着いたけど、4階まで迂回させられた以外はスムーズに入場できました。
取り敢えず当日の参加登録を済ませ、自分はBグループになりました。
今回デッキは途中変更できないので、1日前に決めた通りゲロジュナにて臨みました。
余談ですが、ガマゲロゲジュナイパーの略称がゲロジュナだという事をこの2日間ではじめて知りました・・・(情弱

・Day1 Bグループ

使用;ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX・エーフィEX・シェイミEX

長年やっていますが、公式大会で環境トップのデッキをメインで使ったのは今回が初だと思います。
いつもは対策に回る側なのですが、今回は直球勝負する側に回りました。
個人的には苦手なデッキということもあり、込み入った点はなくかなりシンプルで安定寄りにしています。


1マッチ目 △ (✕-〇-△) ルナアーラGX・ゲンガーEX・ソーナンス

初戦からポケカ激戦区神奈川のプレイヤーとの対戦となりました。
しかもルナアーラということもあり、早くも時間との闘いを強いられます。

1ゲーム目

コスモッグをフラダリしてブルブルパンチをしたいものの、サポートがNしか引けず、それをサーチャーで使いまわす流れに...
ソーナンス前でエネつきゲンガーと素引きでルナアーラGXを用意されブルブルでは追いつけなくなります。
サイドを引かせてNを刺して、アタッカーをジュナイパーGXに切り替えてはっぱカッターで返しまんたん引かれなければという場面で引かれてリーリエから打点の出る非EXルナアーラを立てられてルナフォールGXでしっかり対応されて追いつかず投了

2ゲーム目

序盤事故もフラダリコスモッグからシェイミを使えて何とか展開。
今度はブルブルパンチが刺さった上コスモッグをしっかりと処理できる良い流れでそのまま押し切り勝ち

3ゲーム目

5分ぐらいしかなくお互いサイドを取り切れない。
ゲロゲは置かずにジュナイパー3、4体必死に立てて急ぐのが正解だったと数ターンして気付く甘さでした。

対戦自体は感じの良い方という事もあり楽しかったものの結果は引き分けです。
縺れるマッチアップと分かっていただけに初戦から辛かった。

長い(笑)インターバルを挟んで2戦目です。


2マッチ目 △ (✕-〇-△) ジュナイパーGX・セレビィ・マシェード

この組み合わせだけを見てわかる人はわかるのですが、カビゴン単やメレシー単等の地雷デッキでクライマックスに進出している愛知のプレイヤーとの対戦となりました。
なんてことを()
マッチング表で相手の名前見てイヤな予感しかしなかったですね・・・
デッキコンセプトを読めたのは良かったものの当たりたくはなかった笑

1ゲーム目

ジュナイパーミラーがそもそも初だったので緊張した。
リソースを切るのを躊躇ってプラターヌでなくNで展開しようとするも、ジュナイパーラインにもボールにも触れない弱い引きを繰り返してしまい場を作れません。
返しに相手はボールとマシェードでジュナイパーを複数用意されて盤面差が覆らず足掻いてはみるものの無理ゲーだったので投了
1ゲーム目で緊張してしまい時間を掛けてしまいピンチに
引きが弱過ぎて仕方なかったけどミラーの流れを事前に分かっておけなかったのが後悔

2ゲーム目

先攻ということもあり、今度は早い段階で場を仕上げられたのに対し、相手はプラターヌでジュナイパーラインと活力剤を切り進めて展開せざるを得ないラッキー。
こちらのジュナイパーとエーフィで相手のモクローやフクスローを処理出来て相手事故気味なのもあり投了勝ちでした。

3ゲーム目

とにかく場を早い段階で仕上げて、セレビィはスルーしてマシェードやジュナイパーラインを処理し続けてリード。
ただ制限時間が間に合わず、5-0まで進めてかなり優勢も残りの1枚をラストターンで取る術がなく時間切れで引き分け。

セレビィやマシェードがどうとかというよりはジュナイパーミラーの経験値がない事がモロに出てしまったのとリソース管理に時間を使ってしまったのが痛かった。
この時点でマッチ勝ちがなく次の4戦全勝しないとDay2に進めない現実に焦る...

ここで昼休憩みたいな感じで、開始が遅れたのがありまた長いインターバル
久々にharuくんTMYさんと沢山喋れて楽しかった。
BO3は苦手なのですが、予選中に休憩で談笑タイムを楽しめるのはそれはそれで良かった気がします。

3マッチ目 〇 (〇-〇) ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX

またジュナイパーミラーでした。
しかも今度は純正。2マッチ目の反省を生かしたい所です。

1ゲーム目

相手がゲロゲを用意してきたのに対し、はっぱカッター体制を整えてフェザーアローでジュナイパーラインに乗せてミラクルシャイン絡めて有利に進められた気がします。

2ゲーム目

ぶるぶる合戦になるも場をしっかりと作れた上クセロシキでダブル無色トラッシュで詰まった気が。
優勢に進めるも、ホロウハントで詰める場面ではっぱカッターしてしまい返しにメガホン引かれたらこちらのまわしシェイミを落とされて逆転負けされる事となりピンチに...
何とか引かれず勝ったけど時間がギリギリでこれ落としたら引き分けあったので猛反省...

内容はどうあれ何とか当日初めて勝てて安堵。
引き分けしか無かったので少し精神的に報われつつも気を抜けない... 4マッチ目へ。

4マッチ目 〇 (〇-〇) ジジーロンGX・イベルタルEX

ジジーロン相手はあまり練習できておらず不安だったのですが、場をオープンしてついにきたかと...

1ゲーム目

ジジーロンを2体並べられてまわしをいっぱい貼られるイヤな流れ。
ぶるぶるは諦めてジュナイパーを後ろで用意してジジーロン1体に乗せ続ける。
はっぱカッターとフェザーアローでダメカンを乗せてクセロシキでまわしを外して1体処理。
ホーリーエッジでダブルをトラッシュされるのが辛いがホロウハントでリカバリして2体目処理してから最後にシェイミ倒し勝ち。

2ゲーム目

1ゲーム目でリソースを把握出来たのが大きい
まわし4、オカルトマニア2、ジジーロン3、月輪の祭壇3、ピーピーマックス4だった気が。相当メタられてるなと...

エネ管理とメガホンを撃つタイミングとスタジアム合戦を意識してプレイ、
エネ付きジジーロンを早々に2体用意され、フェザーアロー敢えて撃たず1ターンエンドして場を作り1ゲーム目と同様リソース管理注意しつつクセロシキでダブルをトラッシュして止めつつジジーロンとイベルタルを処理して勝ち
エネが各1サイド落ちしてて少しやばかった...

終わってから相手に聞いてみるとやっぱりゲロジュナは意識していて勝てると思われていたらしくこのマッチを取れたのは自信に。
何とか2勝目を取れました。


5マッチ目 〇 (✕-〇-〇) ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX・ラフレシア・ミルタンク

ジュナイパーミラー3回目・・・
トップメタだから仕方ないけど、お互いマリガン見てあっ...となる笑

1ゲーム目

ぶるぶる合戦に
序盤は何とか場を作りにかかれたのですが、相手のクセロシキからダブル無色を一切引けずサポは引けるもこちらだけグッズロックで何も出来ず。
盤面差を作られた挙句考え込まれて流石にまずいと思い投了

2ゲーム目

相手後1ナゾノクサ単でポストで展開出来ない事故で先攻2キル、ラッキーでした

3ゲーム目

活力剤とコンプレッサーで展開するラフレシア入り構築と分かったので、相手の微事故スタートを見てぶるぶるをとにかく外さず展開。
序盤はぶるぶる合戦だったもののジュナイパーを先に立てられたのでフェザーアローで相手のジュナイパーラインを進化しないうちに処理した次にクセロシキ警戒で2枚ダブルがついたゲロゲを処理、
相手のトラッシュにダブル3草2が見え、次にダブルのついたミルタンクが攻めてきますがぶるぶるを切らさずフェザーアロー絡めて処理、
エネを途切れさせたのであとはホロウハント警戒しつつAZとスカイリターンでダメージの乗ったシェイミとエーフィを回収して負け筋を無くして最後ミラクルシャインで詰めの段階に入ろうかなという所でタイムアップ&エクストラターン。
お互いのラストターンでNで手札のエネが流されなければ勝ちで相手の長考の末気付かない事を祈るも結局Nされる、
返しにポストからハイパーシェイミでセットアップからのプラターヌでエネ引けてミラクルシャイン勝ち!
ジャッジが隣で付きっきりで周りの卓はもう既に終わってて周りにも見られてたのもありめっちゃヒヤヒヤした...


幸先悪い出だしから何とか持ち直して3-0-2に。
厳しい対戦が続くも最後取ればDay2、
6マッチ目で16テーブル(暫定top32)まで順位を上げて少し震える(最初の方はかなり下の方の卓だったので)
疲労感を拭いつつDay1最後のマッチに臨む。

6マッチ目 ✕ (✕-△) ケンタロスGX・イベルタルEX・ダストダス

1ゲーム目

初手ケンタロスGXで萎えるw (結局当日面倒なのかミラーしか踏んでない 泣)
おまけにここに来て序盤事故してしまい、初手のゲロゲに草エネ2枚つけてぶるぶるスタートという。。。
ジュナイパーで攻めるマッチアップだっただけにこの動きは悪かったかもしれない。
ヤブクロンを置いてきたので縛りたかったのですが貼られたかるいしを処理しきれずパラレルで打点を落とされてまわしケンタロスの処理に苦しみサイドレース不利に。
相手の手札が0になったタイミングがありチャンスを貰うもトップサーチャーフラダリシェイミいかり110ジャストというアンラッキー引いてしまい1ゲーム目を落とす。
2ゲーム目の準備中に気付いたのだけれども、パラレルで打点を落とされていたのでシェイミが落とされなかったのを終わってから気づき凹む。気付かなかったから悪かったのだけれども相当焦ってたんだなと...

2ゲーム目

1ゲーム目で時間を使ってしまいかなり焦る、
何とかジュナイパーで殴る体制を作り始めるもフラダリでエネ付きの進化前を取られたりしてしまい苦戦、
スタジアム合戦に負けたり、終盤を考慮すると引きたくないエネやサーチャーをトップで引き続ける事数回してしまいリソースが切れてジリ貧に...
相手のシェイミをフラダリで狩り切る間もなくダストを許し、終盤にホロウハントでリカバリするも1枚足らずの状況な上残り山札5枚に対しプラターヌでパーツを引かざるを得ない状況になってしまいエクストラターンでサイドを取り切れず引き分けに。続けても恐らく無理だった。
1ゲーム目を落としていたので負け。

今思い返せばホロウハントの対象を1枚誤っていたのが反省点で、2戦共に目先の勝ちに対してとにかく焦っていた事と自分の甘さを痛感しました。
立ち回りも良くなかったと思っているので負けには納得しているものの悔しい。

最終結果は3-1-2の11点となり、順位は一気に70位まで転落...
序盤に勝てなかったのもありオポも同スコアの中で最下位でした。
ボードを見ているとまるで学校の受験で受かった落ちたかの様な生々しい感覚に似たようなものを感じました。

前半引き分け2連続からドロップもせず3連勝して最終戦まで望みをつなげたのは良かったのですが、Day2に上がれない現実は本当に悔しかったです。
最終戦負けた時点でスコア的に予選落ちなのは分かってはいたのですが、いざ結果発表をその場で見て、当日の空気やBGMも相まって思わず泣いてしまいました。

当日の対戦は、何年も公式大会に出ている中で一番苦しかったし、楽な対戦なんて1つも無かったです。
ゲロジュナを使った事には後悔していないですが、当日はミラーか重いマッチアップしか無かったのはつらかった...
(環境トップデッキを使う事はそういう事なのかもしれないですがそれにしてもこの展開は予想してなかったです)

終わってからはharuくん、TMYさん、じいざす家と一緒にご飯へ。
ポケカやっててご飯自体が久々なのもありとても楽しくいい思い出になりました!
haruくんはDay2に進めたので、予選落ちした自分は翌日は応援勢としての参加になりました。
カードの調整すら出来てないのにゲームは専ら無理だったので2日目もワンデイやって欲しかったなぁ...
スポンサーサイト

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する