FC2ブログ

’17 9/3 チャンピオンズリーグ2018 横浜

例年なら10~11月頃に秋の公式があって、その後翌年に春の公式ラッシュという感じですが今年はスタート早いですね。。。
チャンピオンズリーグ2018横浜に参加してきました。

・前置き

今回はFINALよりは練習出来たのですが...夏は夏でやる事が色々あって、結局練習出来たのは1週間前。
FINAL以降の対人戦はロイヤルマスク争奪戦を除きほぼゼロ・・・
当然といえば当然なのですが、現環境のデッキを試行し続けるも中々要点が掴めず難航...

そんな中試行を続けていき、最終的なメタ読みとしては
Tier1    よるのこうしん ゾロアークGX派生 ジュナイパーGX派生
Tier1.5  サーナイトGX
Tier2    その他

という曖昧な感じではありましたが、結果的にはFINALより正確な判断が出来たと思っています。

現環境はデッキ選択もプレイングも構築も難しくスタートが遅くなってしまった事がかなり痛手で、自信を持てるデッキを用意出来ないまま出発時間間近に...
ダメダメな感じでしたが、強いて言うなら一番初めにサーナイトGXを選択肢から外せたのだけは良かったかなという感じです。
最終的に悩んだ結果として選択したのがオーロットネクロズマでした。
検討は曖昧なままでしたが、ゾロアークGX派生は相性悪いが勝てない事はない、行進はゾロアークが入っていても6~7割は取れるだろう、環境的にエネ破壊が刺さりやすいだろう、の3点が主な判断要素でした。
時間不足で不安な部分を残しての調整となりましたが、デッキが延々と決まらず助けて状態だったので決められた事だけは良かったです。
トップメタの行進やルガルガンゾロアークを持ち込もうとも考えましたが、実戦経験が無くオドリドリ、カリン、ウソッキー等のケアやミラーマッチをしっかり出来る自信が無く今回は使うに至れませんでした。


・当日

デッキシートをギリギリに書き上げ1時間前に会場に着くも今回は並びが全然なく。
マッチアップも会場に着いた時点で見ることが出来て、会場に早く行くメリットがあまり無かった感じ。
これまであった長蛇の列の形成が遅く意外に感じました。
これだったらもう少し調整出来たじゃん、、、なんて思いつつも(←諦めが悪い)時間には余裕があったため開場までの時間に当日用のスリーブに差し替え。
開場してからは手荷物検査なく、そのまま指定済の番号卓で待機でした。
会場がかなり広く感じたり、例年のポケカイベントで予め敷いてあるプレイマットが無く無地のマットに番号プレートが並べられていたりと最初から違和感を感じました。

使用;オーロットBREAK・ネクロズマGX

1戦目 〇 不戦勝

春の大阪、FINALに続き対戦相手が現れず不戦勝。
今回は10分待つのではなく、開始時にいなかった時点でジャッジを呼んで手続きする、という感じでした。

また、デッキシートもここで回収されました。細かい事を気にしたらダメなのかもしれないけど、開会式時に回収するといってたのに結局来なかったりと遅すぎないか。。。

1-0

2戦目 〇 ジジーロンGX・エンニュートGX・ダストダス

実質初戦で、初ターンからかなり怪しい立ち回りをしてしまう。
グズマでベンチのGXを取られてサイドを取られる一方で噛み合いの悪い場面が発生しテンポロスしてしまいつらい。
サイド4取られるとエンニュートGXに2回攻められて負けなのでそのケアが出来たのが良かった。
相手のトラッシュにグズマ2枚、オカルトマニア2枚が見えた時点でネクロズマGXを用意出来て最後4枚取りで勝ち

2-0

3戦目 〇 クワガノン・カプ・ブルルGX・カプ・コケコGX

先1ミツルを決めるも、ハイパーボールで手札のNとプラターヌの内プラターヌを切ってしまい、相手事故るもNでアシストする実戦不足ミスから。
リソースを切りたくなかったから迷わずプラターヌを切ったけどミスだったと反省。
相手少しずつ回りだしデンヂムシ経由でしっかりクワガノンを立てられる。
カプワイルドで返された上、2体目のオーロットBREAKが立たずにそのまま落ちて厳しくなる。
非GXのテテフで無理矢理返し、終盤Nを刺しながらブラックレイを決めて最後2枚目のこだわりハチマキを引かれたら負け、引かれなかったらプリズムバースト2エネ120で前を倒して勝ちという場面で引かれずもフィールドブロアーとNで返される。
トップでエネか次元の谷につながるカードを引けなければ時間切れ引き分けでしたが、何とか引けて勝ち
自分のプレイが良くなかった部分があり反省していましたが、終わった後に握手をして頂き印象良い方だと感じました。

3-0

4戦目 △ ルガルガンGX・ゾロアークGX

当日かなり数が多かったから当たるよね、と。
序盤は何とか形にするも、中盤以降スカイフィールドを谷に変えられず展開しながらハンマーを引けずでゾロアークGXを処理しきれない。終盤非GXテテフで返そうとするも1ターンエネ準備が追い付かず。もう1ターンあったら完全負けという状況で時間切れ引き分け。
この方はその後ベスト8に入ってて凄いなーと思いました。

3-0-1

5戦目 〇 マーシャドー行進

コケコ単に対して先1ミツルを決められるも、グズマかギラティナで解決される状況で手札にエネが1枚だけ。お互いに展開を進められない。
展開し始めてからは決定的な動きをされなかったのもありスカイリターンループも上手くされず、逃げ切り勝ち

4-0-1

6戦目 ✕ エーフィGX・ダストダス

先攻を取るも、ボクレー単で手札にエネとサーチャーとプラターヌがだぶついて仕方なく切らざるを得なかった挙句後続を引けない最悪スタート...
相手のスタートはヤブクロンで、テテフで後1ワンキルをされたら負けでしたがされず。
2ターン目にもう一度プラターヌで後続は引けるも次元の谷を引けずにヤブクロンを倒せず返しにダストダスに倒されてジリ貧に。
そのまま負けもありましたが、何とか2体目のオーロットでウッドスラムで返してから流れを作れました。
後続があまり出来ておらず、テテフで殴るプレイが地味に厄介でしたが、2体目のヤブクロンが出てこずサイレントフィアーを連打していくも終盤出てきたヤブクロン進化を許してしまった挙句オーロットの後続が切れてしまい、非GXテテフに頼る流れに。
相手のNのケアで先にNを使ってからサイドを一気に3枚取りして残り1まで持ち込むも、返しにNを使われてブロアーで谷を割られる。
谷orエネを2ターン以内に引ければ勝ちでしたが引けず捲られて負け...
もう後が無くなってしまう...

4-1-1

7戦目 ✕ 行進ゾロアークGX

後攻ボクレー単でグズマゾロアでかくせいしか出来ず。返しにゾロアークGXとエネで2キル...
仕方ないorz


4-2-1で自動ドロップでした。
5勝すればプレイポイント10貰えたのでせめてもう1勝はしたかった...
プレイヤーズクラブで確認した所、最終結果は218位で一応CSP圏内だったそうです。あまり喜べないけど(笑

観戦していても当日は対戦BGMが無く正直面白さをあまり感じなかったのと、ドロップが早かったのでサイドイベントへ。。。
ポイントも少ないしね、、、

何となくワンデイに行くも、久々に並ぶの面倒だったなぁ。。。
デッキもどうしようかなと思いましたが、何となく練習の最初の方で使っていたサーナイトを使う事にしました。

今回の形式は8人トーナメントで、自分の対戦が終わっても、残りの対戦が終わるまで進行を進められず。
時間が掛かり過ぎて疲れた。。。
時間が余り過ぎて他の卓を1周見に行ったりとか。笑
対戦自体も参加者の交流自体も久々に楽しかったけど、ポイントは稼ぎにくいし時間かかるしで改善はされてほしいかな。。。

結果としては運良く3連勝出来て優勝し5ポイントゲット。
アンケートのポイントも合わせてギリギリ8ポイントになりエーフィGXのプロモをゲット出来ました。

元々サイドイベント自体にあまり出ていなかったので2回も行く気にはなれず、会場をふらふらしながらクライマックスの観戦に行ってみるも、途中からは主にステージの配信卓を見ていました。
今回は会場の片隅で黙々と対戦しているだけで内容も全然見えずで何だかなぁという感じ...
ジュニア、シニアの表彰式もステージの裏側で細々とやる感じだし。。。

最後まで残っているプレイヤーが一番大変なんだろうけど、終わったのが夜21時とか長すぎて、、、
これまでは昼食だけの持ち込みで何とかなってたけど、疲労感で楽しめ無くなるのは勿体ないから夕食まで持ち込まないといけないのかなぁと。。。

自身の結果は置いておいて、感想としては色々な人と交流出来たり、会場が広かったり、と良かった面もありましたが、BGMが無かったり臨場感に欠けたりとこれまでにあった公式大会の良さがどこか失われている気がしてしまったのが残念でした。

プレイヤーとしての反省点は書ききれないほどあったし、今回は正直モチベーションも下がってしまったけど11月の公認大会は参加を検討しているので取り敢えずは気持ちを落とし過ぎずに続けていこうかなと思っています。

当日お付き合いして頂いた方々、対戦して頂いた方々、有難うございました。
スポンサーサイト

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する