スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’17 11/26 チャンピオンズリーグ2018 公認大会1st①

1ヶ月前の事なので、もう殆ど覚えてないと思いますが...

大会が終わってから日常がかなり忙しく、更新が年内ギリギリとかなり遅れてしまいました...
12月は多忙で大変でしたが、年末の連休に入り少しずつですが気力を取り戻しつつある日々です。
新弾は買ったものの全くデッキを組めていない状態なので、この日記を更新したら色々組んで触って行こうかなと思います。
書き出すとキリがないのですが、今回は当日までの進捗を残そうと思います。

・横浜大会が終わってから

横浜大会の入賞デッキレシピが公開されてから、トップメタをルガゾロと行進と決めてその2つを中心に回していました。
そして、ルガゾロに後攻前提で5割取れるデッキをテストプレイの中で探していきました。
結果から言うと、自力では公認大会1stまでにそのデッキを見つける事が出来ませんでした。
何を使ってもというと、試せてないデッキタイプはあったのですが大抵のデッキに対してルガゾロが勝ち越してしまう。
勝てると思ったデッキでも意外と勝てずに心が折れたりもして、ルガゾロを使う側に回ろうかとも考えました。

ただルガゾロを回すのが得意でなく、苦手なデッキを知りたいのもあって自主大会等の外での対戦機会ではルガゾロを中心に使っていました。
肝心の自主大会の結果はわずか2割...
立ち回りミスもありましたが、主に公式大会当日に最も当たるであろうミラーが致命的に苦手な事が分かりました。
相手は先1アズサからスムーズに展開出来ているのに、こちらはgdgdとか、後攻から捲れないとか...

こんな状況でルガゾロを使うのは厳しいと考え、別のデッキを探すものの時間も考えも足りないまま...
実力不足を痛いぐらいに分からされた中、苦渋の選択としてグソクダストを候補に上げました。
ルガゾロに対して後攻前提で勝率は良くなかったのですが、ゾロアークGXの特性を止められるダストオキシンに可能性を感じたのと、デッキコンセプトが明確で迷走している中でシンプルなデッキを使うのは悪くないだろうと思いました。

グソクダストを候補に決めたのは、シティリーグ1日前。翌日の朝に微調整して試すことに。
結果は4-3で負けが全部ゾロアーク派生...

不慣れによるミスもあったのですが、
展開負けや詰まりから逃げ切られるパターンや、カードパワーで追いつかれる事が多かった気がします。
ただデッキの感触は悪くなかったので当日持ち込む事はほぼ確定。
ポケカ以外も迷走していた時期だったので、デッキをとにかく自分らしく!よりシンプルにして確実な展開を目指す事を大切にしました。
具体的に言うと、

・ドローサポートを厚めにする
・アズサを不採用としてボールを厚めにする
(カプ・テテフGXを経由しないと使いにくく不安定で、それを取られて負けにつながりやすい、デスローグGXの打点が上がりやすいため)
・ポケモンを最低限にしてデスローグGXorマインドジャック(+ターゲットホイッスル)のケア

この3点を重視し、グソクムシャとダストダスを両方確実に立てる事を目指しました。
それ以外にゾロアークGX派生に対して意識したプレイは、
出来る限りアーマープレスを使えるようエネをしっかりつける、ベンチを最低限に絞る、終盤フィールドブロアー/N/ダストオキシンで干渉する、ダストは可能なら早めに立てる

他にもあったと思いますが、思い出せる範囲でこれぐらいの事を意識しました。
結局ゾロアーク派生に勝ち越すには至らなかったものの、出発直前では若干勝率を上げる事が出来たのでその手応えを信じて本番に臨むことにしました。
スポンサーサイト

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。