スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’17 2/18 チャンピオンズリーグ大阪 Day1

BO3形式ということもあり、記録が長くなってしまう気しかしない...(前置き
春シーズン1会場目の大阪会場に参加してきました。

・1日目

事前応募制との事もありいつもよりゆっくり出発、
というよりは前日ギリギリまで調整していたので起きる時間が遅くなっただけなんですが汗

会場はバトルカーニバル2011以来約5年ぶりぐらいのマイドームおおさか。
実は当時初めてちゃんとした60枚のデッキを作って参加した公式大会でそこから今に至るんですよね。懐かしい・・・

8時半ぐらいに着いたけど、4階まで迂回させられた以外はスムーズに入場できました。
取り敢えず当日の参加登録を済ませ、自分はBグループになりました。
今回デッキは途中変更できないので、1日前に決めた通りゲロジュナにて臨みました。
余談ですが、ガマゲロゲジュナイパーの略称がゲロジュナだという事をこの2日間ではじめて知りました・・・(情弱

・Day1 Bグループ

使用;ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX・エーフィEX・シェイミEX

長年やっていますが、公式大会で環境トップのデッキをメインで使ったのは今回が初だと思います。
いつもは対策に回る側なのですが、今回は直球勝負する側に回りました。
個人的には苦手なデッキということもあり、込み入った点はなくかなりシンプルで安定寄りにしています。


1マッチ目 △ (✕-〇-△) ルナアーラGX・ゲンガーEX・ソーナンス

初戦からポケカ激戦区神奈川のプレイヤーとの対戦となりました。
しかもルナアーラということもあり、早くも時間との闘いを強いられます。

1ゲーム目

コスモッグをフラダリしてブルブルパンチをしたいものの、サポートがNしか引けず、それをサーチャーで使いまわす流れに...
ソーナンス前でエネつきゲンガーと素引きでルナアーラGXを用意されブルブルでは追いつけなくなります。
サイドを引かせてNを刺して、アタッカーをジュナイパーGXに切り替えてはっぱカッターで返しまんたん引かれなければという場面で引かれてリーリエから打点の出る非EXルナアーラを立てられてルナフォールGXでしっかり対応されて追いつかず投了

2ゲーム目

序盤事故もフラダリコスモッグからシェイミを使えて何とか展開。
今度はブルブルパンチが刺さった上コスモッグをしっかりと処理できる良い流れでそのまま押し切り勝ち

3ゲーム目

5分ぐらいしかなくお互いサイドを取り切れない。
ゲロゲは置かずにジュナイパー3、4体必死に立てて急ぐのが正解だったと数ターンして気付く甘さでした。

対戦自体は感じの良い方という事もあり楽しかったものの結果は引き分けです。
縺れるマッチアップと分かっていただけに初戦から辛かった。

長い(笑)インターバルを挟んで2戦目です。


2マッチ目 △ (✕-〇-△) ジュナイパーGX・セレビィ・マシェード

この組み合わせだけを見てわかる人はわかるのですが、カビゴン単やメレシー単等の地雷デッキでクライマックスに進出している愛知のプレイヤーとの対戦となりました。
なんてことを()
マッチング表で相手の名前見てイヤな予感しかしなかったですね・・・
デッキコンセプトを読めたのは良かったものの当たりたくはなかった笑

1ゲーム目

ジュナイパーミラーがそもそも初だったので緊張した。
リソースを切るのを躊躇ってプラターヌでなくNで展開しようとするも、ジュナイパーラインにもボールにも触れない弱い引きを繰り返してしまい場を作れません。
返しに相手はボールとマシェードでジュナイパーを複数用意されて盤面差が覆らず足掻いてはみるものの無理ゲーだったので投了
1ゲーム目で緊張してしまい時間を掛けてしまいピンチに
引きが弱過ぎて仕方なかったけどミラーの流れを事前に分かっておけなかったのが後悔

2ゲーム目

先攻ということもあり、今度は早い段階で場を仕上げられたのに対し、相手はプラターヌでジュナイパーラインと活力剤を切り進めて展開せざるを得ないラッキー。
こちらのジュナイパーとエーフィで相手のモクローやフクスローを処理出来て相手事故気味なのもあり投了勝ちでした。

3ゲーム目

とにかく場を早い段階で仕上げて、セレビィはスルーしてマシェードやジュナイパーラインを処理し続けてリード。
ただ制限時間が間に合わず、5-0まで進めてかなり優勢も残りの1枚をラストターンで取る術がなく時間切れで引き分け。

セレビィやマシェードがどうとかというよりはジュナイパーミラーの経験値がない事がモロに出てしまったのとリソース管理に時間を使ってしまったのが痛かった。
この時点でマッチ勝ちがなく次の4戦全勝しないとDay2に進めない現実に焦る...

ここで昼休憩みたいな感じで、開始が遅れたのがありまた長いインターバル
久々にharuくんTMYさんと沢山喋れて楽しかった。
BO3は苦手なのですが、予選中に休憩で談笑タイムを楽しめるのはそれはそれで良かった気がします。

3マッチ目 〇 (〇-〇) ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX

またジュナイパーミラーでした。
しかも今度は純正。2マッチ目の反省を生かしたい所です。

1ゲーム目

相手がゲロゲを用意してきたのに対し、はっぱカッター体制を整えてフェザーアローでジュナイパーラインに乗せてミラクルシャイン絡めて有利に進められた気がします。

2ゲーム目

ぶるぶる合戦になるも場をしっかりと作れた上クセロシキでダブル無色トラッシュで詰まった気が。
優勢に進めるも、ホロウハントで詰める場面ではっぱカッターしてしまい返しにメガホン引かれたらこちらのまわしシェイミを落とされて逆転負けされる事となりピンチに...
何とか引かれず勝ったけど時間がギリギリでこれ落としたら引き分けあったので猛反省...

内容はどうあれ何とか当日初めて勝てて安堵。
引き分けしか無かったので少し精神的に報われつつも気を抜けない... 4マッチ目へ。

4マッチ目 〇 (〇-〇) ジジーロンGX・イベルタルEX

ジジーロン相手はあまり練習できておらず不安だったのですが、場をオープンしてついにきたかと...

1ゲーム目

ジジーロンを2体並べられてまわしをいっぱい貼られるイヤな流れ。
ぶるぶるは諦めてジュナイパーを後ろで用意してジジーロン1体に乗せ続ける。
はっぱカッターとフェザーアローでダメカンを乗せてクセロシキでまわしを外して1体処理。
ホーリーエッジでダブルをトラッシュされるのが辛いがホロウハントでリカバリして2体目処理してから最後にシェイミ倒し勝ち。

2ゲーム目

1ゲーム目でリソースを把握出来たのが大きい
まわし4、オカルトマニア2、ジジーロン3、月輪の祭壇3、ピーピーマックス4だった気が。相当メタられてるなと...

エネ管理とメガホンを撃つタイミングとスタジアム合戦を意識してプレイ、
エネ付きジジーロンを早々に2体用意され、フェザーアロー敢えて撃たず1ターンエンドして場を作り1ゲーム目と同様リソース管理注意しつつクセロシキでダブルをトラッシュして止めつつジジーロンとイベルタルを処理して勝ち
エネが各1サイド落ちしてて少しやばかった...

終わってから相手に聞いてみるとやっぱりゲロジュナは意識していて勝てると思われていたらしくこのマッチを取れたのは自信に。
何とか2勝目を取れました。


5マッチ目 〇 (✕-〇-〇) ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX・ラフレシア・ミルタンク

ジュナイパーミラー3回目・・・
トップメタだから仕方ないけど、お互いマリガン見てあっ...となる笑

1ゲーム目

ぶるぶる合戦に
序盤は何とか場を作りにかかれたのですが、相手のクセロシキからダブル無色を一切引けずサポは引けるもこちらだけグッズロックで何も出来ず。
盤面差を作られた挙句考え込まれて流石にまずいと思い投了

2ゲーム目

相手後1ナゾノクサ単でポストで展開出来ない事故で先攻2キル、ラッキーでした

3ゲーム目

活力剤とコンプレッサーで展開するラフレシア入り構築と分かったので、相手の微事故スタートを見てぶるぶるをとにかく外さず展開。
序盤はぶるぶる合戦だったもののジュナイパーを先に立てられたのでフェザーアローで相手のジュナイパーラインを進化しないうちに処理した次にクセロシキ警戒で2枚ダブルがついたゲロゲを処理、
相手のトラッシュにダブル3草2が見え、次にダブルのついたミルタンクが攻めてきますがぶるぶるを切らさずフェザーアロー絡めて処理、
エネを途切れさせたのであとはホロウハント警戒しつつAZとスカイリターンでダメージの乗ったシェイミとエーフィを回収して負け筋を無くして最後ミラクルシャインで詰めの段階に入ろうかなという所でタイムアップ&エクストラターン。
お互いのラストターンでNで手札のエネが流されなければ勝ちで相手の長考の末気付かない事を祈るも結局Nされる、
返しにポストからハイパーシェイミでセットアップからのプラターヌでエネ引けてミラクルシャイン勝ち!
ジャッジが隣で付きっきりで周りの卓はもう既に終わってて周りにも見られてたのもありめっちゃヒヤヒヤした...


幸先悪い出だしから何とか持ち直して3-0-2に。
厳しい対戦が続くも最後取ればDay2、
6マッチ目で16テーブル(暫定top32)まで順位を上げて少し震える(最初の方はかなり下の方の卓だったので)
疲労感を拭いつつDay1最後のマッチに臨む。

6マッチ目 ✕ (✕-△) ケンタロスGX・イベルタルEX・ダストダス

1ゲーム目

初手ケンタロスGXで萎えるw (結局当日面倒なのかミラーしか踏んでない 泣)
おまけにここに来て序盤事故してしまい、初手のゲロゲに草エネ2枚つけてぶるぶるスタートという。。。
ジュナイパーで攻めるマッチアップだっただけにこの動きは悪かったかもしれない。
ヤブクロンを置いてきたので縛りたかったのですが貼られたかるいしを処理しきれずパラレルで打点を落とされてまわしケンタロスの処理に苦しみサイドレース不利に。
相手の手札が0になったタイミングがありチャンスを貰うもトップサーチャーフラダリシェイミいかり110ジャストというアンラッキー引いてしまい1ゲーム目を落とす。
2ゲーム目の準備中に気付いたのだけれども、パラレルで打点を落とされていたのでシェイミが落とされなかったのを終わってから気づき凹む。気付かなかったから悪かったのだけれども相当焦ってたんだなと...

2ゲーム目

1ゲーム目で時間を使ってしまいかなり焦る、
何とかジュナイパーで殴る体制を作り始めるもフラダリでエネ付きの進化前を取られたりしてしまい苦戦、
スタジアム合戦に負けたり、終盤を考慮すると引きたくないエネやサーチャーをトップで引き続ける事数回してしまいリソースが切れてジリ貧に...
相手のシェイミをフラダリで狩り切る間もなくダストを許し、終盤にホロウハントでリカバリするも1枚足らずの状況な上残り山札5枚に対しプラターヌでパーツを引かざるを得ない状況になってしまいエクストラターンでサイドを取り切れず引き分けに。続けても恐らく無理だった。
1ゲーム目を落としていたので負け。

今思い返せばホロウハントの対象を1枚誤っていたのが反省点で、2戦共に目先の勝ちに対してとにかく焦っていた事と自分の甘さを痛感しました。
立ち回りも良くなかったと思っているので負けには納得しているものの悔しい。

最終結果は3-1-2の11点となり、順位は一気に70位まで転落...
序盤に勝てなかったのもありオポも同スコアの中で最下位でした。
ボードを見ているとまるで学校の受験で受かった落ちたかの様な生々しい感覚に似たようなものを感じました。

前半引き分け2連続からドロップもせず3連勝して最終戦まで望みをつなげたのは良かったのですが、Day2に上がれない現実は本当に悔しかったです。
最終戦負けた時点でスコア的に予選落ちなのは分かってはいたのですが、いざ結果発表をその場で見て、当日の空気やBGMも相まって思わず泣いてしまいました。

当日の対戦は、何年も公式大会に出ている中で一番苦しかったし、楽な対戦なんて1つも無かったです。
ゲロジュナを使った事には後悔していないですが、当日はミラーか重いマッチアップしか無かったのはつらかった...
(環境トップデッキを使う事はそういう事なのかもしれないですがそれにしてもこの展開は予想してなかったです)

終わってからはharuくん、TMYさん、じいざす家と一緒にご飯へ。
ポケカやっててご飯自体が久々なのもありとても楽しくいい思い出になりました!
haruくんはDay2に進めたので、予選落ちした自分は翌日は応援勢としての参加になりました。
カードの調整すら出来てないのにゲームは専ら無理だったので2日目もワンデイやって欲しかったなぁ...

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

2017春大阪大会 前日まで

秋のアニバーサリーフェスタが終わってからは色々と余裕がなく練習や調整どころか新しいカードを集めるので精いっぱい...
年が明けてから出たジムバトルは1日(2回)だけで2月は全く出ていないぐらいで対戦したのは関ジェネとカブトプスメガバトル(ポケモンサークル主催の自主大会)のみ・・・

顔を出そうと思えば出せたのですが、そもそも自分のデッキを触れていない時点で出る気も起きず...
そんな中で迎えた2月の公式大会。

去年の秋あたりから少しずつ感触を掴み始めてはきたものの今までで恐らく1番練習出来てないシーズンでした。
自主大会の結果やデッキを触り始める中で自分の中でのメタゲームの優先順位は以下の通りでした。

Tier.1
ガマゲロゲEX・ジュナイパーGX
ボルケニオンEX・ボルケニオン
MミュウツーEX・ダストダス

Tier.2
MレックウザEX・シェイミEX
ブラッキーGX・ゾロアークBREAK
よるのこうしん 
etc...

簡単に書いてはみたものの、Tier1はまだしもデッキの種類が多過ぎて訳が分からない状態でした。
ソルガレオドータクン、ルナアーラソーナンスなどの新規のデッキから、レインボーロード、オーロットの既存デッキも残っていたり。
他にもラフレシアやダストダスもメインアタッカーがそれぞれ異なったり、最近ではアローラベトベトンも出てきたり。
この上で強化拡張パックのカードも入り、BO3ルールでの扱いやすさを考慮した上で考える必要がありました。
ついていけない気持ちがとにかく強かったです。

色々な事が相まってモチベーションはかなり低かったのですが、取り敢えず残っている時間を使ってトップメタのデッキから回し始めることに。

個人的には去年の秋から感触が悪くなかった白レックをまず候補にしてみたものの、向かい風な印象が否めなかったのに加えてアンチカードのウソッキーが出てきて諦め、次に考えたのがジュナイパーに強いだろうという勝手な判断からミュウツーダスト。
ところがミュウツーダストを回してみてもジュナイパーに思う程勝てませんでした。
ミュウツーダスト自体がウェルカムフェスタやバトルクロスロードで優勝しメジャーになっていたので対策されるデッキだというのも相まって悩んだ挙句候補から外すことに。

一見有利そうに思えたミュウツーダストがガマゲロゲジュナイパーに思う程勝てないことから、意地になってしまいガマゲロゲジュナイパーに先ずある程度勝てるデッキを探そうと思い環境上位にいると思われるデッキを取り敢えず作っては当ててみます。
そのうち何とかなるだろうと思った事もあったのですが、持っているデッキがびっくりするぐらいゲロジュナに勝てませんでした。

これまでもプラズマや行進などトップメタのデッキを意識したデッキを何とか用意して臨めてはいたのですが、ゲロジュナに対しては全く歯が立てませんでした。
ミュウツーでもルナアーラでもビークインでも予想以上に勝てず心が折れるのがよくわかりました。

ゲロジュナの強さとしては、そもそもグッズロック+狙撃+エーフィ退化とコンセプト自体の強さもありますが、もう1つとしては多少出遅れても後追いで対応出来るデッキパワーの高さがあると判断しました。
一方でゲロジュナに勝つ側としては出遅れるとテンポを取り返せず負ける流れが多い。

デッキ選択において先ずTier.1の3つのデッキにそこそこ優位を取れる事が条件だと思ってはいましたが、真っ先にゲロジュナを見れないと話にならないと痛感しました。
この事に気付けたのは良かったのですが、とにかく時間が無く本当に焦りました。

デッキ候補は毎日変わるぐらいの迷走ぶり・・・
ひょっとしたらこのデッキ強そうだしゲロジュナに勝てるかも?と思い組んでみるものの分からされるばかりで作ってはやり直し・・・
前々日の時点でエーフィビークイン→ルガルガンダスト→ニンフィアラフレシア→イベルタルベトベトン→・・・

完成度の低いデッキを即興で仕上げられる気もせず、使いたいデッキも無く現実逃避状態に...

前日ギリギリまで悩んだ末、1つの結論を出すことに、、、

もう自分がゲロジュナを使えばいいんじゃないかと。

はっきり言って個人的に苦手なデッキタイプで扱いきれない気持ちが強かったし思考停止でのデッキ選択ではありましたが、
経験上中途半端なデッキ相手ならゲロジュナでほぼ勝てるだろうと思ったのと、仮想敵として一番多く触ったデッキだったのが決め手でした。
あとはいつも通りharuくんにデッキの相談をしているうちにデッキパワーの高さを感じることが出来たのもありました。
デッキを決めたのは自分だけど、彼には本当に感謝です。

ゲロジュナを使う事を決めたのが前日の9時。
早く寝たかったのですが、リソース管理の練習(サイド落ちなど)を出来ていなかったのと細かい部分を詰めるため12時までデッキを弄っていました。
あとはXYシリーズも長くは続かなさそうなのでせめてデッキのカードだけでも本物にしよう、とふと思い突然差し替えをはじめてみたりなんかも笑

今回はいつもよりはゆっくり目でも大丈夫なので、睡眠時間を最低限確保して本番に臨みました。

’17 1/14 ウェルカムフェスタ

サンムーンシリーズ初の公式イベント、ウェルカムフェスタに参加してきました。

自身はゲームの対戦をプレイしないので、サイドイベントのウェルカムバトルとワンデイバトルのみの予定でした。

イベントの内容的に行く行かないは迷ったのですが...
色々と逡巡した結果、行かずにSNS上のレポや当日の噂話を見て中途半端に抱え込んでしまうのが一番最悪のパターンに感じたので参加を決めました。
一応プロモもあるしなぁ・・・と思って移動手段を確保した後、ポケモンカードチャンネルで勝利賞のプレイマットが紙製と分かったり、今回のポイント引き換えカードは2月のチャンピオンズリーグでも同じのを配るとか悉くモチベーションを落とされる←
大会が近づくにつれ、本当自分は何しに行くんだろう?という感じでした。

関ジェネが終わってからもデッキを作る余裕もなく、
もう当日は白レックで出てイベントの雰囲気を楽しめればいいかなぁと。
翌日も空いていたのですが、やる事もないかなぁという感じだったので今回は0泊1日の当日帰りです。

今回のイベントはそこまで急がなくてもいいかなという感じだったので、7時着。
如何せん人脈も人望もない自分がこの時間にゲームの相方見つけるのは無理だよなぁと心の中で嘆いていたのですが、前後に並んでお話ししていたまなパパさんにご提案頂き、自分がゲームで最低1戦だけやるとの事でウェルカムバトル後にほんきをだすバトルに参加する事になりました。
当日は有難うございました。

最初はウェルカムバトルへ。
サイドイベントですが、アローラな姿の愛美お姉さんとクリーチャーズナガシマさんの開会式から3戦。
1時間掛かるか掛からないかぐらいで3連勝で終わり。
相手の展開の悪さに救われただけですが、サイドイベントとはいえ初戦はやはり緊張したりもあったので調子良かったです。

ウェルカムバトルが終わってからはほんきをだすバトルの列へ。
30分ぐらい並んだかな?

〇 Mミュウツーダスト
〇 失念
〇 ガマゲロゲジュナイパー
✕ オーロットソーナンスエーフィ

終盤は時間が押していたり、想定していなかったオーロットに当たってプレイが雑でした。
終わってから上位の人は10~12勝ぐらいしてるとか。後から並んだとはいえ流石に対戦数も勝ち数も少な過ぎるよなぁ...

午後はゲームの部へ1戦だけ参加。
DSとソフトだけは一応持ってきてはいたので旅パから適当に登録して参戦することに()
やぎさんの知り合いのイチローさんに2ターンで瞬殺されました笑
記念参加なだけなので、相手が面識ある人で良かったと思う。。。

その後はワンデイへ。
3戦だけサーナイト使って、その後は引き続き白レック使用でした。

〇 ゼルネアス
〇 ソーナンスクロバットゲンガー
✕ ラプラスグレイシアマナフィ

〇 ボルケニオンスターミー
〇 ソルガレオレックゲロゲ

レンジャー切っていたのでグレイシアが重過ぎて、場もほぼ出来ていて素直に投了すればいいのに懲りずに最後までやって結局負けるという...
分かってはいたけど...ここで時間使ってしまったのは勿体なかったと思う
サーナイトは当日のプレイ下手過ぎてここでやめることに。

ボルケニオンはシェイミスタートからの序盤サポがククイとオカルトのみの事故して2-4からNゲーでひっくり返せて楽しかった。
ソルガレオはドータクン型でなかったのでオカルトマニア後回しでククイを優先的に落とすべきだったと反省

ワンデイ終わってからはほんきを出すバトルのプレーオフを観戦
BGMとアナウンスだけは聞こえてはいたものの準決勝が終わった辺りからだったので見遅れたと後悔

その後はポイントの引き換えして終わり...だったのですが、肝心のほんきをだすバトルの選手証を紛失してしまう...
時間ギリギリまで探すも結局見つからず。
スタッフに聞いたところふしぎなアメのプロモについてはペアの人と一緒に選手証を提出しないといけないとの事で、結局一緒に参加していたまなパパさんが帰ってしまっていたから結局は貰えなかったんだけど、プロモ欲しさでイベントに参加していたので終わってからは少し落ち込んでました....
紛失も悪かったし、引き換え自体もワンデイを先走らずに早めにしておけば良かったと思う。

公式大会参加して初めて選手証紛失し、当日の自己管理が甘かったのは自覚しているレベルだったのでその点も反省して次回は失敗しないようにします...(懺悔
まあポイント全部無くなったりデッキや私物が盗難に遭うよりはマシだったのかなと。

ほんきをだすバトル、大阪大会ではゲーム必須のこのイベントは極力参加しない方向に持っていきたいのですが、当日の内容的に予選抜けないといけないのが辛いなぁ...
予選落ちたら誰かペア組んでくださいお願いします(泣)

大会が終わってからの交流も公式に参加し始めてから減ってきており、今回はちゃんぽん食べてメガトウキョーを満喫してバスの時間までやる事もなくだらだらとして帰宅...
サンシャインシティといえば、2014年のバトルフェスタの会場でもあった事や当時お付き合いしていた人の事を思い返して切ない気分にもなりました...


感想としては、新年の挨拶も含めて久々に色々な方とお話しできたり、イベントの雰囲気も味わえたし、対戦自体も楽しかったのですが、このイベント自体は特に何が何でも参加する程のものではないかなぁと。
参加してみてその事を自覚した面も含めて良かったのかなぁと今では思っています。
(ここ最近の公式はずっと皆勤だったので...)

テーマ : 公式イベント - ジャンル : その他

’17 1/6 第27回関西ネクストジェネレーションカップ

挨拶が遅れましたが、2016年お世話になった皆様有難うございました。
今年もよろしくお願いいたします。

記載していませんでしたが、年末は奈良のXリーグさんに参加し予選落ちでした。
自身の結果は悲惨でしたが、雰囲気良く楽しい大会でした。
遅らばせながら運営の方々、対戦して頂いた方は有難うございました。
また機会があれば参加したく思います。


以下、関ジェネの簡易レポです。

使用デッキ;白レックディアンシー

予選

✕ メガヤンマオクタン(おやつさん)
〇 ガマゲロゲジュナイパー
〇  ゴルダックラプラスGX
〇 ダークライボーマンダイベルタル
〇 ブラッキーGXイベルタル

ダメかなと思ってたら前回に引き続きじゃんけんで、ギリギリ予選10位通過
デッキは続投です

決勝T

〇 白レックマギアナ
〇 ソルガレオGXドータクンBREAKコバルオン
〇 Mミュウツーダストダス
✕ ゲッコウガオクタンジラーチ

2位でした。
じゃんけん等、運が良かったと思います。
有難うございました。


次は 1/14(土) ウェルカムフェスタの予定です。

テーマ : 自主大会 - ジャンル : その他

’16 11/6 第26回関西ネクストジェネレーションカップ BXR予選

いつもながらの備忘録笑

公式以外のレポを上げるのは久々かもしれません。
とは言っても権利にはかすりもしない成績だったんですけどね笑

愛知大会が終わってからは翌週カード触れず、気づいたらギラティナプロモが出ていたり。
昨日の16時頃になってやっとカードの練習に戻れました。


BXRは正直そこまで気が乗らなかったのですが、何となく出て終わらせるのが良くないのは経験則からあったので前日1日の数時間とはいえカードはしっかり触りました。

全然カードを触れていなかったので、デッキは使い慣れと構築がある程度自分の中で固められているオーロットで決定
ギラティナが悩ましいのと、愛知で結果を出したデッキなので当日は確実に対策されると思いましたが、中途半端なデッキで出るよりは良いかなと。

関西のプレイヤーは環境の中心にあるデッキを構築でなくデッキそのものとして対策してくるとの予想があったので、WTBやダークライは多そうだと思いました。

早速ギラティナ入りWTBを練習に充てましたが、あまりにも勝てなさ過ぎてこの時点で心が折れる・・・
最初に充てるデッキとしてはハードルが高過ぎたのか、結局このデッキとしか調整は出来ず。

当日の朝にキュウコンタッチ等で試したりスタジアムをサイレントラボオンリーにしてみたり検討はしてみたのですが、上手くいかず時間切れ。

結局愛知大会で使ったデッキの数枚差し替えで結局WTB見れてるのかははっきりは言えないけど回しやすさだけ残して出ることにしました。
デッキを作った本人が扱いきれなかったり尖らせすぎて事故るというのが1番後悔残るので・・・


使用デッキ;オーロットシェイミ

1戦目 〇 ジガルデEX・ルカリオEX・メレシーBREAK(レオンさん)

レオンさんには新潟大会前々日に練習にお付き合い頂いたのですが、全く勝てずだったので初戦から厳しいな、と。
後攻でオーロットを確実に立てて、無理せず確実に場を整えてバトル場のジガルデのエネを無くす。
相手の引きが良くなかったのもあり、押し切ることが出来ました。


2戦目 ✕ ジガルデEX・メレシーBREAK・ラフレシア

ボクレースタートで先1ラフレシアでも何とかなる手札でしたが、後攻スタートからの相手のNでドローサポートを引けず。
相手の手札処理ミスでラフレシアは立ちませんでしたが、そんなの関係なく一向にドローサポートを引けず1体倒されて負け。


3戦目 〇 ゲッコウガBREAK・スターミー(ヤギさん)

先攻取ってミツルが決まるところから。
ロックが決まり順当に展開しますが、ベンチのボクレーをピンポイントでフラダリされて攻めが遅れ、かつ素引きでゲコガシラと水を揃えられてみずぶんしんを許してしまいます。
オーロットBREAKを立ててベンチのヒトデマンを落とした返しにエリトレを撃たれ、これが刺さった上素引きでゲッコウガとゲッコウガBREAKも揃えられて若干雲行きが怪しい感じに。
この対戦はエネを引かれなかった場面が1回ありそこが大きかったと思う、
詰まった手札からも最低限の動きを確実にして大海ケアでウッドスラムで攻める。
あわを決められて若干止まりましたが、決定的な動きをされずあわを決められなかった返しで倒したね切れ勝ち。

4戦目 〇 WTB

絶対数が多いからどこかで踏むとは思いましたがここで踏んでしまいました。
ゲロゲのエネをしたっぱで確実に消し続けてスタジアム後出しで大海を場に残させず。
フリーザーに数ターン止められますが、盤面は押さえきれたので止められなかった場面で着実にばらまき続ける、
マナフィ、シェイミ、ゲロゲ倒して勝ち
要所でカードを引けた気がするけど、前日練習しておいて本当に良かったと思った。


5戦目 〇 MサーナイトEX・シェイミEX・フーパEX

練習できていないマッチアップで相性的に厳しいなと思いつつ。
満タンが厳しく感じたので、フラダリでグッズロックを解除させない様に場を作ることと、
谷をラボで割ってサーナイトのエネを場から消して攻めるプランを意識しました。


先攻取ってミツルが決まるところから。
その点は良かったのですが、オーロットBREAKを2体立てるものの自分のNで事故ってしまいます。
その上超エネが引けずにオカルトマニア経由で2体のソウルリンク付きMサーナイトをベンチに控えられて厳しい感じに。
攻め急ごうとした挙句次元の谷を自分から貼ってしまったのも立ち回りミスで、バトル場のシェイミを逃がされたら厳しかったのですが、相手もプラターヌ2連打でまさかのエネを引けない僥倖。
超エネだけは引けて相手が止まってる間に事故を脱出し、サイレントフィアーを3回決めてベンチのサーナイトのエネをクラハンで割ることに成功。
何とかなりそうかなと思いましたがAZで回収されてサーナイト以外にばらまいたダメージはチャラに。
ただサーナイトにはダメカンを蓄積できていたので、エネを場から消しつつ終盤サイレントラボでスタジアムを固定出来てサーナイトが攻撃できなくなり勝つことが出来ました。


何とか4-1でオポギリギリでの3/4→1/2じゃんけんを制して予選10位通過での決勝Tでした。
オーロットでは厳しい環境と覚悟の上で相性、展開的に綱渡り的な勝ちを決め続けてかつ1年ぶりのトーナメントだったので素直に嬉しかったです。


決勝T

デッキはそのまま。チェンジは出来たのですが他に都合良いのが無かったから・・・汗

1戦目 ✕ MタブンネEX・ドータクンetc(かっちょくん)

初手が弱く、事故を何とかハイパーからのシェイミで回避しようとしましたがドローサポ、したっぱ、ハンマーいずれも引けず。
事故はしばらく継続し初手のボクレーをオーロットにしてギリギリの所で耐え続けますが、場を展開されてベンチにマギアナEX、ドータクンと2体目のMタブンネと鋼エネを場にしっかりと用意される辛い流れに。
事故を脱出してからはドータクンを縛るも、オーロットBREAKをトラッシュに2、サイドに1、トラッシュに釣り竿1を流してしまいBREAKを立てられません。
2枚目の釣り竿とサイレントラボを引こうとして、ばらまきを試みるも釣り竿を一向に引けず。
序盤のディスアドバンテージと動揺でプレイングがグダグダになり挙句の果てには場にBREAKがいないのにサイレントフィアーを宣言してしまうというもう情けないぐらいに致命的な感じ...
ゲームプランと勝ち筋を正確に図ることが出来ず、Mタブンネに押し切られて負け。
知り合いとはいえ終始ダメな感じで相手には本当に申し訳なかったと思う...


BXR予選は結果ベスト16で終わりました。
やっぱり負けてしまうと悔しいですね、自分の下手さも含めて・・・

個人的な全盛期で始めたての頃はあっさりとトップ通過出来ていた関ジェネも、今となっては予選上がるのこんな難しかったんだなと思ったり、オーロットの限界を感じたりと色々と巡りましたね。。。


ショック気味ではありますが、公式、自主大会共に本当少しずつながらも成績は去年の低迷期と比べて上がり始めてはきたのかなという気がしたのも事実なので、また頑張ります。


春から使ってきたオーロット。
正直そこまで好きではないし、公式では結局クライマックスには進めなかったけれど・・・
今日も事故が少なからずあったものの1年ぶりの決勝Tまで上げてくれたのには素直に感謝です、本当にありがとう

テーマ : 自主大会 - ジャンル : その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。